スジグロシロチョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スジグロシロチョウ
Pieris melete-スジグロシロチョウ-東京.JPG
スジグロシロチョウ(東京で撮影)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: シロチョウ科 Pieridae
亜科 : シロチョウ亜科 Pierinae
: モンシロチョウ属 Pieris
: スジグロシロチョウ
P. melete
学名
Pieris melete
Ménétriès, 1857
和名
スジグロシロチョウ(筋黒白蝶)
亜種
  • P. m. melete
  • P. m. orientis

スジグロシロチョウ(筋黒白蝶、Pieris melete)は、チョウ目(鱗翅目)アゲハチョウ上科シロチョウ科に分類される。

特徴[編集]

モンシロチョウと同じモンシロチョウ属Pieris)に属する。和名が長く知名度がいささか低いためか、しばしばモンシロチョウと混同されるが、一般的にモンシロチョウよりも大型。両種の特徴を熟知しない場合は飛翔する姿からの同定は難しいことが多い。

昆虫のには「翅脈(しみゃく)」があり、昆虫が羽化する際、これに体液を流し込んで固まる前の翅を展開する。この翅脈の周りの鱗粉が黒くなっている点がモンシロチョウとの差異である。また、比較的薄暗い場所を好み、市街地都心部よりもむしろ住宅地山村、公園の樹木の中などに多く、こうした場所ではモンシロチョウよりも多くみられる。

雄雌や春型と夏型とでは模様が異なり、春型では翅の裏側翅脈に沿い灰色の筋がある。夏型では、表面の黒紋が大きくなるといった特徴が認められる。

近似種にエゾスジグロシロチョウとヤマトスジグロシロチョウがある。当初は混同されていたが現在は別種となった。

分布[編集]

中国東北部東シベリア朝鮮半島に分布。日本国内ではほぼ全土で見られる。

生活史[編集]

からにかけて見られる。モンシロチョウより遅く出現することが多い。越態は幼虫

幼虫の食草はタネツケバナやハタザオなどで、あるが、イヌガラシダイコンなどのアブラナ科帰化植物も利用する。

その他[編集]

雄に限っては「香鱗」を顕微鏡で観察することにより種の区別ができる。香鱗とは、雌をひきつけるためのフェロモンを放つ特化した鱗粉で、雄にのみあり本種の場合レモングラスの香りがする。雄の鱗粉のおよそ1割はこの香鱗である。スジグロシロチョウ、エゾスジグロシロチョウ、ヤマトスジグロシロチョウの3種はよく似ている。

参考文献[編集]

  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2

関連項目[編集]