公認スキー検定員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スキー公認検定員から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

公認スキー検定員(こうにんスキーけんていいん)[1]は、全日本スキー連盟(SAJ)が認定する、検定会や大会をジャッジする検定員である。

概要[編集]

公認スキー検定員にはA級、B級、C級があり、SAJ公認スキー指導員はA・B・C級、SAJ公認スキー準指導員はC級を検定員検定に合格することによって取得出来る。認定スキー指導員は検定員検定の受験資格がない。

級別の受検資格や検定出来る範囲は以下の通りである[1]

A級検定員[編集]

受検資格[編集]

SAJ公認スキー指導員資格を所持(資格停止中または喪失中を除く)し、次の条件に当てはまる者

  • B級検定員の資格を所持(資格停止中または喪失中を除く)してから5年を経過し、かつ同検定員が行える検定のいずれかを3回以上行い、公認証等によって証明されている事
  • 上記以外で、デモンストレーター選考会においてナショナルデモンストレーターに認定されている事
  • 特別な事情がある場合、加盟団体長の推薦により本部が特に認めた者

A級検定員が検定できる範囲[編集]

  • A級検定員検定会(全日本スキー連盟会長から委嘱された者)
  • B級・C級検定員検定会(主管加盟団体長から委嘱された者)
  • 全日本スキー技術選手権大会および予選会
  • スキー指導員検定会
  • スキー準指導員検定会
  • スキーバッジテスト
    • プライズテスト(クラウンプライズ および テクニカルプライズ)
    • バッジテスト(1級〜5級)
    • ジュニアテスト(1級〜6級)

名誉スキー検定員[編集]

A級検定員の資格を有し(資格停止中または喪失中を除く)、当該年度[2]1月1日現在で60歳以上の者は、加盟団体長の推薦があって理事会で認定されると名誉スキー検定員として顕彰される。

名誉スキー検定員となった者は検定員の育成・指導の補佐や助言を行う。

B級検定員[編集]

受検資格[編集]

SAJ公認スキー指導員資格を所持(資格停止中または喪失中を除く)し、かつC級検定員の資格を所持(資格停止中または喪失中を除く)している事

  • この場合、年度[2]内の受検回数は制限しない。

B級検定員が検定できる範囲[編集]

  • C級検定員検定会(主管加盟団体長から委嘱された者)
  • スキー準指導員検定会
  • スキーバッジテスト
    • プライズテスト(クラウンプライズ および テクニカルプライズ)
    • バッジテスト(1級〜5級)
    • ジュニアテスト(1級〜6級)
  • 全日本スキー技術選手権大会の予選会

C級検定員[編集]

受検資格[編集]

SAJ公認スキー指導員または準指導員資格を所持(資格停止中または喪失中を除く)している事

  • この場合、年度[2]内の受検回数は制限しない。

C級検定員が検定できる範囲[編集]

  • スキーバッジテスト
    • バッジテスト(1級〜5級)
    • ジュニアテスト(1級〜6級)

公認スキー検定員の義務・規則等[編集]

規定により、各検定員の資格有効期間は公認された年を除き(ただし、認定された年度[2]の資格は有効)2年となっていて、その期間内に「クリニック」と呼ばれる、理論及び実技の講習会を受ける必要がある。クリニックを受講する事で有効期間が延長されるが、クリニックを2年続けて参加しなかった時は検定員の資格停止となる。ただし資格停止中であってもその間にクリニックを受講すれば翌年度[2]から資格停止が解除される。なお、次に該当する場合はクリニックを免除される。

  • 名誉スキー検定員
  • A・B級検定員の各検定を受検し、不合格となった者
  • 次の役員や講師として参加し、理事会が特に認めた者
    中央研修会、技術員研修会、公認スキー学校主任教師研修会、全日本スキー技術選手権大会、デモンストレーター選考会、スキー指導員検定会、A級検定員検定会、スキー大学
  • 次の全日本スキー連盟特定行事の修了者
    中央研修会、技術員研修会、公認スキー学校主任教師研修会
  • スキー大学の参加者で、当該加盟団体からクリニック修了扱いとして申請があった者
  • 次の加盟団体実施行事の役員として参加し、当該加盟団体からクリニック修了扱いとして申請があった者
    スキー指導者研修会、検定員クリニック、スキー準指導員検定会、B・C級検定員検定会

その他、次の1つに該当する場合は検定員の資格を喪失する。

  • (1) 全日本スキー連盟(以下、本連盟)会員登録規定第4条[3]の規定により、会員の資格を喪失した時
  • (2) 本連盟の規約に違反し、検定員としての体面を汚すような行為があった時
  • (3) 資格の年次登録料を納期までに納入しない時
  • (4) 公認スキー指導員及び準指導員の資格を喪失した時

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 正式名称及び規定等の内容は「全日本スキー連盟 教育本部オフィシャルブック2018」による。2019年3月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e 公益財団法人 全日本スキー連盟 定款 (PDF) 第6条(事業年度)により、連盟における事業年度を毎年8月1日から翌年7月31日までの期間と定めている。これは日本においての通常のスキーシーズンが考慮されている。2019年6月12日閲覧。
  3. ^ 全日本スキー連盟 会員登録規定 (PDF) より。2019年3月8日閲覧。