ジークムント・フォン・ハウゼッガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジークムント(左)と父フリードリヒ(右)

ジークムント・フォン・ハウゼッガー(Siegmund von Hausegger, 1872年8月16日 - 1948年10月10日)は、グラーツに生まれ、ドイツミュンヘンに没したオーストリア作曲家指揮者

略歴[編集]

作曲家として[編集]

当初、ハウゼッガーは、リヒャルト・シュトラウスグスタフ・マーラーに次ぐ作曲家として賞賛されるが、彼の濃密なポスト・ワグネリアンの作曲スタイルは第一次大戦後急速に時代遅れとなり、やがて忘れ去られた。しかしながら、彼の残した《自然交響曲 Natursymphonie》は近年アリ・ラシライネンの指揮によるレコーディングが発売され、高い評価を受けている。

指揮者として[編集]

アントン・ブルックナー作曲交響曲第9番原典版の初演者、またはその普及者として知られる。オーストリアドイツイギリスで指揮を執り、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、ミュンヘン音楽・演劇大学学長、全ドイツ音楽協会会長などを歴任した。

外部リンク[編集]

先代:
ハンス・プフィッツナー
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
首席指揮者
1920年 - 1938年
次代:
オズヴァルト・カバスタ