ジョー・アドニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョー・アドニス

ジョー・アドニスJoe Adonis, 1902年11月22日 - 1972年11月26日)は、イタリアおよびアメリカの犯罪組織コーサ・ノストラの幹部。

プロフィール[編集]

初期[編集]

本名はジュゼッペ・アントニオ・ドート(Giuseppe Antonio Doto)で、ナポリの近くのモンテマラーノで生まれた。幼いころからスリなどの犯罪に手を染め、1915年、アメリカに不法入国しブルックリンに定住した。アンソニー・カルファノと共にフランキー・イェール一味の用心棒を請け負い、ジョー・アドニスと名乗った。1928年7月、イェールが暗殺されると、カルファノやヴィト・ジェノヴェーゼ、マイク・ミランダらと、ジョー・マッセリア組織のナポリ人部隊を形成した[1]。その後ラッキー・ルチアーノフランク・コステロマイヤー・ランスキーら密輸ギャングの新進勢力と通じ、その仲間になってマンハッタンの「ブロードウェイ・モブ」と呼ばれた[2]。1929年5月、アトランティック・シティで行われたギャング会議に参加した[3]

恐喝や売春で金儲けし、犯罪の隠れ蓑にブルックリンでイタリアンレストランを経営した[1]。マッセリアがライバルのサルヴァトーレ・マランツァーノと抗争に入ると、ルチアーノに同調して密かにマランツァーノに寝返った。1931年4月15日コニーアイランドでマッセリアが暗殺され、ルチアーノが首謀したが、言い伝えによればベンジャミン・シーゲルヴィト・ジェノヴェーゼアルバート・アナスタシアらとともに殺害の実行犯に加わっていたとされる [4]

ルチアーノ一家幹部[編集]

1931年9月、ルチアーノがマランツァーノをも暗殺してコーサ・ノストラの頂点に立つと、1932年からルチアーノ一家の幹部としてブルックリンの縄張りを任された。またマーダー・インクの創設に関わり、その幹部となった。1936年売春容疑でルチアーノが逮捕され収監されると、ルチアーノの指示を受けながらその代役を務めた。1940年代半ばにフランク・コステロがルチアーノの跡を継ぎ一家のボスになった後も幹部の地位を保ち、コステロからの信頼は厚かった。

アルコール密売、ギャンブル、宝石泥棒、麻薬、組合・企業ゆすりから政界工作まであらゆる犯罪稼業に手を染め、特にカーディーラー会社を通じたフォード社との利権協定で悪名高かった。客が車を購入する際に偽の「保険」をかけて金を搾り取り、たばこメーカーの工場を占領して丸々利益を奪い取った[4]。1944年、テリトリーをニュージャージーに移して、ウィリー・モレッティらと利権を分かち合った[2]。フォート・リーの高級住宅地に居を構えた[1]。パイピングロックという賭博場のオーナーの一人。フロリダ州ルイジアナ州カリフォルニア州などでカジノの経営に参画し、コステロやランスキーと共にマイアミのカジノ、コロニアル・インの共同オーナーに名を連ねた[1]。競馬場、私設馬券場、競馬通信社を乗っ取り、掛け率をコントロールして莫大な利益を得た。大富豪になったと同時に政治家や警察幹部を賄賂漬けにして犯罪捜査を遮断した[4]。ニューヨーク市長ウィリアム・オドワイアーやその側近ジェームス・J・モランと親交があり、一緒にいるところをたびたび目撃された[2]。1946年12月、キューバのハバナ会議を主催し、同年釈放されたルチアーノを歓待した[4]。1941年政府密告者エイブ・レルズがアドニスを「アメリカで最も力のあるギャングの一人」と名指しし、以来当局にマークされるようになったが、摘発は免れた[4]

アメリカ追放[編集]

1953年キーフォーヴァー委員会に召還されて不法入国者として追及され、1956年1月、イタリアに追放された(正確には国外追放宣告を受ける前に多額の資金を持って自ら出国した)。イタリアに戻ってミラノに定住し、悠々自適の生活を送った。先に追放されていたルチアーノとしばしば会ったが、関係は悪化した。ルチアーノはアドニスがアメリカの組織運営からジェノヴェーゼを排除しなかったことに腹を立てていたとも、比較的裕福なアドニスが財政的に窮状のルチアーノを助けなかったとも言われ、1960年代にかけて疎遠になった[2]

アドニス出国後のニューヨークの縄張りはヴィンセント・アロが引き継いだとされる[5]。1960年代初頭、ニューヨークマフィアの有志によりアドニスのアメリカ再入国のための政治工作が行われ、一旦政府に認められかけたが、司法長官ロバート・ケネディに阻まれ、実現しなかった[1]

1972年11月26日、アドニスはローマ警察からの尋問中に心筋梗塞を起こして死亡した。葬儀は近親者のみで静かに催された後、遺体のアメリカ返還を許可され、ニュージャージー州フォートリーマドンナ墓地に葬られた。

エピソード[編集]

  • 部下の面倒見が良く、仲間内から尊敬の念を持ってジョー・Aと呼ばれていた。
  • 身だしなみに気を遣い伊達男を気取った。ポマードヘアに入念に櫛を入れながら鏡の前にずっと立っているので、ルチアーノに呆れられたという[4]
  • 1962年、ルチアーノが死んだ時、当局の特別許可を得てナポリを訪れ、その葬儀に参列した。人目も憚らず号泣したという[2][5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Doto, Giuseppe "Joe Adonis" The American Mafia
  2. ^ a b c d e ADONIS, Joe The New York Mafia Bosses
  3. ^ The Meet The American Mafis, 200 2
  4. ^ a b c d e f Joe Adonis La Cosa Nostra Database
  5. ^ a b Giuseppe "Joe Adonis" Doto 旧Geocities記事

外部リンク[編集]