フランキー・イェール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランキー・イェール(Frankie Yale(Uale)、1893年1月22日 - 1928年7月1日)は、ニューヨークギャング。本名フランチェスコ・イオエーレ(Francesco Ioele。イタリアのカラブリア州ロンゴブッコ出身。1900年、一家でアメリカに渡り、ニューヨークのブルックリンに定住した。イタリア移民に寄生する強請屋(ブラックハンド)の側面と禁酒法下の密輸実業家の面があり、ストリートギャングとシンジケートギャングの中間に位置する。転換期のギャング。

来歴[編集]

ファイブポインツギャング[編集]

地元のギャング集団ファイブ・ポインツ・ギャングの下部組織であるファイブ・ポインツ・ジュニアに加入した。17歳でレスラーのブービー・ネルソンとチームを組んでビリヤード場を荒らしまわり、羊泥棒や武器の不法所持で幾度も逮捕された。20歳までに12人を殺したとされるが、やがてブルックリンの港湾荷役の組合に進出し、商店から保護料を巻き上げた。ブルックリン臨海区の漁業利権を手中にしていた漁師でシチリアマフィアのジュゼッペ・バルサモ・"バティスタ"と知り合い、友人となった。1915年、同じファイブ・ポインツのジョニー・トーリオがシカゴに移った時ブルックリンのシマを受け継いだ。1917年、コニーアイランドに酒場「ハーヴァード・イン」を開いた。同じ頃、バーテンダー兼用心棒に、トーリオから紹介されたアル・カポネを雇った[1]。同年、24歳でマリア・デラピアと結婚。その後、ローザとイザベラの2人の娘が生まれた。

禁酒法下の密輸活動[編集]

禁酒法が施行されると、すぐに酒の仕入れから輸送・販売までのオペレーションを組織し、デトロイトのパープルギャングから良質のカナダ産ウイスキーを仕入れてブルックリン一帯の闇酒場に卸売した[2]。部下にウィリー・"ツーナイフ"・アルティエリ、アンソニー・"オーギーピサノ"・カルファノ、フレンチー・カーリノ、ベンジャミン・パッゾらがいた。

VIP暗殺[編集]

1920年5月にはトーリオと酒の密売で対立していたジム・コロシモシカゴの彼の事務所で暗殺した。警察はニューヨークで彼を殺人容疑で正式に逮捕したが、目撃者のウェイターが身の危険を感じて土壇場で記憶がないと言い証拠不十分ですぐに釈放された。

1924年11月10日にはダイオン・オバニオン暗殺にも参加。このときも警察に疑われたがマイク・メルロの葬儀にきたと弁解し供述を終えてニューヨークに帰った。この暗殺によってイェールは1万ドルと4カラットのダイヤの指輪を報酬として受け取った(イェールはオバニオン暗殺に関わっていないという説もある)。

ホワイトハンドとの抗争[編集]

1920年代はじめ、ブルックリン臨海区の覇権を巡ってアイルランド系ギャングのホワイト・ハンドと争い、多くの流血沙汰を起こした。酒の密輸で優位に立ったイェールは臨海区の支配を広げ、劣勢に立たされたホワイト・ハンドはイェールの暗殺を何度も試みた。

1920年1月、配下のベンジャミン・パッゾが荷役人夫からいつものように用心棒代の取り立てに行く途中、銃撃を受け、殺された。ホワイト・ハンドの仕業と疑ったイェールは、アジトの1つ、アドニス・クラブでホワイト・ハンドのボス、デニー・ミーハンの殺害作戦を練った。1920年4月、外部の雇われ殺し屋を使ってデニー・ミーハンを殺害した。ミーハンの後を継いだワイルド・"ビル"・ロベットはイェールの密輸トラックを襲撃し、酒を強奪された空のトラックをイェールのガレージに停めて挑発した。挑発行為に怒ったイェールは、カポネの配下を呼んでホワイト・ハンドのパーティを急襲させた。結果3人が死亡したが、イェールはアドニスクラブにいて鉄壁のアリバイがあった。ホワイト・ハンドは仕返しに、イェールのダンスパーティを襲撃した。無関係な一般人が巻き添えになったため、以後集会での複数暗殺から単一のターゲット狙いに切り替えた。

1921年7月15日、コニーアイランドのナイトクラブから帰途中、イェールの乗った車が通過する車から銃撃され、弟アンジェロとロバート・ローレンスが負傷し、イェールとアンソニー・カルファノは無事だった。1920-1921年にかけての報復合戦により、犠牲者は両サイド合わせて15人にのぼった[2]

1922年6月、ロウワー・マンハッタンで行われたギャングスターの集会に出かけた夜、車を降りダンスホールへ向かう途中で背後から銃撃を受けた。銃弾が片肺を貫通する重傷だったが、一命は取りとめた。警察はホワイト・ハンドのビル・ロベットを疑った。1923年、ホワイト・ハンドはビル・ロベットが引退してリチャード・"ペグレグ"・ロナガンがボスになった。同年9月、ロベットは昔の仲間と酒を飲んで酔いつぶれたところを殺された[1]

1923年7月9日、前日のパーティの帰りにイェール自宅で待ち伏せされ、銃撃を受けた。運転手フランク・フォルテが死亡した。イェールは家族をフォルテに送らせ、自らはマッテオ・ロマノと歩いて帰ったので、イェールと間違えられて犠牲になったと警察は結論づけた[3]

1925年、イェールの年末のクリスマス・パーティを襲撃する計画を立てたホワイト・ハンドのリチャード・"ペグレグ"・ロナガンたちを、ロナガンの部下の密告を元に、カポネたちと共に返り討ちにし、殺害した[1][2]。ホワイト・ハンド壊滅後はブルックリン臨海区の支配者となった。

ビジネス多角化[編集]

1920年代、犯罪活動の企業化を目指して、武力と脅迫によって氷(冷蔵庫のない時代の必需品)の独占供給を成功させ、ランドリー業の組合を支配した。スピークイージー(闇酒場)やダンスホールのほか葬儀屋、タクシー会社、自分の顔をプリントしたタバコメーカーまで幅広いビジネスに参入し、財を築いた[3]シチリア同盟en)を非合法アルコール取引の隠れ蓑に使い、組織の本部長兼ニューヨーク支部長を務めた。1920年代後半、勢力を伸ばしたシチリア系のジョー・マッセリアと提携した。

暗殺[編集]

1928年、シチリア同盟のシカゴ支部を巡る酒の密売利権のいざこざからカポネと対立した。イェールがカポネのロングアイランドで荷揚げされる酒を強奪しているとの噂を聞きつけたカポネはニューヨークに手下ジェームス・ディアマトを派遣して調べさせたところ、ディアマトがブルックリンの路上で頭部に弾痕のある死体で発見された。イェールに返り討ちにあったとされる[4]

同年7月1日、ブルックリンの自分の店サンライズクラブにいたイェールは、妻のルーシー(2番目の妻)に問題が起きていると何者かから電話があり、用心棒を付けずに慌てて店を飛び出し愛車に飛び乗った[5]。自宅に向かう途中、後続の車から放たれたトンプソンM1928サブマシンガンで殺害された。イェールの愛車リンカーンは防弾仕様だったがウィンドーガラスには防弾処理が施されていなかった[3]。殺害の実行犯はジャック・マクガーン、ジョン・スカリーゼ、アルバート・アンセルミ、フレッド・"キラー"・バーグとされた。イェール暗殺に使われたマシンガンは後年、聖バレンタインデーの虐殺で使われたマシンガンと同種のものだったことが判明した[6]

葬儀はギャングとしてはアメリカ建国以来最大の規模で行われ、1万5千人の参列者が最後の別れを告げた[3][6]。その後、前妻のマリア・イェールは家族を養うため工場で1日10時間も働いた。

イェールのブルックリンの縄張りはマッセリア派のアル・ミネオや当時新興勢力のジョゼフ・プロファチに引き継がれ、賭博利権と密輸ビジネスはイェールの部下だったアンソニー・カルファノに引き継がれた。イェールの子分の多くはプロファチ一家に吸収された[3]

エピソード[編集]

  • イェールはトニー・ペロッタという男に手を焼いていた。彼は賭博でイェールに借金をしていた。面識のあるカポネが取り立てに行くことを承知した。カポネはペロッタが手に負えなくなり射殺した。イェールは「難しい仕事」(殺人)をやったカポネを気に入った。
  • 貧しい家庭出身だったため財を築いて以後、貧民に石炭や食料を配るなど慈善事業を手掛け、庶民に人気があった[3]
  • 情に脆く、残忍さと優しさの二面性を持ち合わせており、貧しい人を襲ったり、ただの強盗をすることを決して許さなかった(自分を慕っている商店に強盗が入った時には、イェールは温情として翌日その店のカウンターに現金を置いておいたこともあったという[5])。
  • 「闇の王子」「ブルックリンのプリンス」と呼ばれた。
  • 学生風中央分けヘアスタイルと派手でどぎつい服装、ダイヤ入りベルトでギャングファッションを気取った。
  • 無類の女好きで、逢引きの時はいつも用心棒を周りに置いた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Frankie Yale La Cosa Nostra Database
  2. ^ a b c The Mafia
  3. ^ a b c d e f What do we know about Frankie Yale? THE AMERICAN MAFIA, 2013
  4. ^ The Origin of Organized Crime in America: The New York City Mafia, 1891–1931 David Critchley, p162
  5. ^ a b Frankie Yale – Forgotten Boss
  6. ^ a b BIG SHOT BURYING FRANKIE YALE, 1928 NEW YORK DAILY NEWS, May 1, 1998

外部リンク[編集]