ジョン・ロジャーズ・コモンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ロジャーズ・コモンズ

ジョン・ロジャーズ・コモンズ(John Rogers Commons、1862年10月13日 - 1945年5月11日)は、アメリカ経済学者ヴェブレンと並ぶ制度派経済学の代表者の一人。

オハイオ州西部のホランズバーグ出身。シラキュース大学を経て、1904年からウィスコンシン大学マディソン校の教授を務めた。集団的民主主義による合理的価値の実現を希求した。

著書[編集]

  • The Legal Foundations of Capitalism, 1924 (『資本主義の法制的基礎』)
  • Institutional Economics, 1934 (『制度経済学』)
  • The Economics of Collective Actions, 1950 (『集団的活動の経済学』)