ジョウン・ボーフォート (スコットランド王妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョウン・ボーフォート
Joan Beaufort
スコットランド王妃
JoanBeaufortandJames.jpg
ジェームズ1世とジョウン・ボーフォート
出生 1404年
死去 1445年7月15日
イースト・ロージアン、ダンバー城
埋葬  
パース、カルトジア修道院
配偶者 スコットランドジェームズ1世
  サー・ジェームズ・スチュアート
子女 本文参照
父親 初代サマセット伯ジョン・ボーフォート
母親 マーガレット・ホランド
テンプレートを表示

ジョウン・ボーフォート(Joan Beaufort, 1404年頃 - 1445年7月15日)は、スコットランドジェームズ1世の王妃。初代サマセット伯ジョン・ボーフォートとマーガレット・ホランドの娘。ジョン・オブ・ゴーントの孫に当たる。

生涯[編集]

1406年以来イングランドで人質生活を送っていたジェームズ1世と恋に落ち、ジェームズの帰国に際して1424年2月2日にロンドンで結婚した。2人の間には8子が生まれた。

ジェームズ1世の死後、1439年に「ローンの黒騎士」といわれたサー・ジェームズ・スチュアートと再婚し、以下の三子を儲けた。

  • ジョン - アサル伯
  • ジェームズ - バカン伯
  • アンドリュー - マリ司教

参考文献[編集]

  • 森護 『スコットランド王室史話』 大修館書店、1988年