ボーフォート家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボーフォート家(House of Beaufort)は、イングランド王国の貴族の家系。ランカスター家の分家で、ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントキャサリン・スウィンフォードの間の4人の子供にボーフォートの姓が与えられたのが始まりである。この姓はフランスアンジューのボーフォール城(Château de Beaufort)に由来する。

プランタジネット朝末期からランカスター朝期にかけて、王家傍系の貴族として栄達を遂げた。薔薇戦争ではランカスター派に属したが、ヨーク派によって滅ぼされた。しかし、一族のマーガレット・ボーフォートの息子ヘンリー7世がヨーク家を倒してテューダー朝を興している。ヘンリー7世とその子孫(現イギリス王家に至る)だけでなく、ヨーク朝の全ての王、ジェームズ2世[1]以降の全てのスコットランド君主が、ボーフォート家の血を引いている。

一方で庶系では、第3代サマセット公ヘンリー・ボーフォートの庶子チャールズ・サマセットの系統であるサマセット家が、今日まで男系で存続している。ヘンリー7世の又従弟にあたるチャールズは、ヘンリー8世によってウスター伯に叙爵された。その6代後の子孫である第3代ウスター侯ヘンリー・サマセットチャールズ2世王政復古を支援したことで、 1682年にボーフォート公に叙爵された。現在のサマセット家当主は、第11代ボーフォート公デイヴィッド・サマセットである。

系図[編集]

ブランシュ・オブ・ランカスター
 
ジョン・オブ・ゴーント
ランカスター公
 
キャサリン・スウィンフォード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー4世
イングランド王
 
ジョン
初代サマセット伯
 
ヘンリー
枢機卿
 
トマス
エクセター公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョーン
 
ラルフ・ネヴィル
ウェストモーランド伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー
第2代サマセット伯
 
ジョン
初代サマセット公
 
ジョーン
 
ジェームズ1世
スコットランド王
 
トマス
ペルシュ伯
 
エドマンド
第2代サマセット公
 
マーガレット
 
セシリー・ネヴィル
 
リチャード・プランタジネット
第3代ヨーク公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エドマンド・テューダー
リッチモンド伯
 
マーガレット
 
 
 
ジェームズ2世
スコットランド王
 
 
 
ヘンリー
第3代サマセット公
 
エドマンド
第4代サマセット公
 
 
 
 
 
エドワード4世
イングランド王
 
リチャード3世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー7世
イングランド王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ
初代ウスター伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
凡例
  •  ボーフォート家の人物

備考[編集]

  1. ^ イングランド王ジェームズ2世(スコットランド王としては同7世)でなくその先祖。

関連項目[編集]