ジャムカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジャムカ(Jamuqa, ? - 1205年)は、モンゴル帝国以前のモンゴル部の首長および武将。グル・カンとも称した。モンゴル帝国を創設したチンギス・カン(テムジン)のライバルであったが敗れた。日本語表記ではジャムハとも記される。

経歴[編集]

ジャムカは、ジャダラン氏(あるいはジャジラト氏)の出身である。ジャダラン氏はモンゴル部に属するとされるが、『元朝秘史』によるとその祖ジャジラダイは、チンギス・カンの伝説的な祖先のひとりでボルジギン氏の始祖であるボドンチャルが、身重の状態で娶った妻ウリャンカダイの生んだウリャンカダイと前夫との間の子とされており、モンゴル部のカンを輩出したボルジギン氏とは伝説上の血統でもきわめて疎遠である。また、ジャジラダイからジャムカまでの世代数を数えると5世代であるにもかかわらず、ジャジラダイの義父ボドンチャルからチンギス・カンまでの間には11世代が数えられ、世代数がまったく整合しない。ジャジラトの名は、『遼史』にも独立した集団として見え、もともと高原北西部のかなり強大な集団であったものが、次第に衰亡してボルジギン氏に従属するようになり、モンゴル部の中に取り込まれたものとみられる。

伝説的な記録によれば[要出典]、ジャムカは幼少の頃、後にチンギス・カンとなるテムジンと遊んだ友人であり、盟友(アンダ)の誓いを結んだ。しかしその後、高原北部の有力部族メルキトの勢力が強まってモンゴル部はメルキトに討たれ、ジャムカは長らく抑留されたが、メルキトから解放されるとモンゴル部に帰り、その有力者となった。

テムジンがモンゴル部の有力な指導者のひとりとして台頭してくると、再び盟友の誓いを確認してその同盟者となった。『元朝秘史』は、ジャムカとテムジンが盟友の誓いをしたのはテムジンの妻ボルテがメルキトに奪われ、その奪還のためメルキトに復讐戦をしかけたためとするが、この戦いは『元朝秘史』にしか記されていない。

いずれにせよ、テムジンとジャムカは同盟して隣接しあって遊牧生活を送っていたが、あるときジャムカの一族の者[1]がテムジン配下の遊牧民の家畜を密かに略奪しようとして、家畜を管理するテムジンの隷属民によって射殺される事件が起こった。この事件の結果、テムジンとジャムカの関係は冷え込み、テムジンはジャムカの牧地から離脱した。さらに、テムジンの属するキヤト氏族の首長たちが、テムジンをカンに推戴したので、これを妬んだジャムカとテムジンの間の決裂は決定的となり、ジャムカはボルジギン氏の直系であるキヤト氏の同族にあたる有力氏族のタイチウト氏の側に走った。キヤトはモンゴル部の初代カン、タイチウトは第2代カンをそれぞれ始祖とするモンゴル部内の有力氏族であり、お互いにライバル関係にあった。

ジャムカはタイチウト氏族およびマングトなどその同盟氏族を動員し、キヤト氏族およびその同盟氏族を結集したテムジンと戦った(十三翼の戦い)。この戦いでジャムカは捕虜としたテムジン側の将兵70人を釜茹での刑に処した。この刑の後に、ジャムカとタイチウト氏に対して不満を持ち失望した同盟氏族の首長たちは、続々とテムジンの陣営に投じた。

十三翼の戦いの後、ジャムカの勢力は次第に力を失っていったが、一方のテムジンは内紛によりカン位を追われたケレイト部のオン・カンを助けてケレイトのカンに復帰させ、ついにオン・カンと同盟してタタル部ナイマン、メルキトなどモンゴル高原周縁部の諸部族との戦いに乗り出して急速に勢力を拡大していった。タイチウトはメルキトと同盟してテムジンにあたったが、1200年にテムジンとオン・カンの連合軍に敗れた。

1201年、テムジンの勢力拡大を恐れたモンゴル東方の諸氏族は、高原東部の有力部族タタルと同盟を結び、ジャムカを指導者に推戴してテムジンとオン・カンと戦うことにした。ジャムカはこのときカンに即位し、グル・カン(「強大なるカン」の意)と称した。しかし、同盟に加わったコンギラト部族の首長のひとりデイ・セチェンは、テムジンの妻ボルテの実父であったことからこの同盟結成の事実をテムジンに密報し、テムジンは同年のうちにジャムカを打ち破って高原東方を平定した。

逃れたジャムカは、密かにオン・カンの子でテムジンをこころよく思っていないイルカ・セングンと連絡を取り、オン・カンとテムジンの離間を謀った。1202年、ジャムカはセングンとともにケレイトの営中でテムジンを暗殺する計画をめぐらせたが、テムジンに察知されて失敗した。翌1203年、オン・カンはテムジンとの同盟を破棄してモンゴル部を破るが、テムジンは同年のうちに勢力を取り戻してオン・カンと戦って、ケレイトを滅ぼした。

ジャムカは西方のナイマンまで逃れ、テムジンの勢力拡大を恐れたナイマンのタヤン・カンをテムジンとの決戦に導いた。しかし、タヤン・カンは大敗を喫して戦死し、ジャムカはさらにメルキトのもとに逃れた。テムジンはジャムカを追撃してメルキトを破ってジャムカを捕らえた。

『元朝秘史』によれば、ジャムカを捕えてテムジンに引き渡したのはジャムカの部下たちであった。ジャムカの部下たちは、これ以上勝ち目のない戦を続けるよりも、ジャムカを捕えてテムジンに引き渡せば褒美がもらえると考えて、このような行為に及んだのであるが、テムジンは彼らに褒美を与えるどころか、私利私欲のために自分の主人を裏切った彼らの卑劣な行為を怒り、彼ら全員をその場で斬首刑に処したという。その後、テムジンはジャムカとの旧交を思ってジャムカに助命をもちかけたが、ジャムカはテムジンの軍門に下ることを拒否し、自ら死を望んだため、テムジンはジャムカを皮袋に包んで馬の大群に踏ませるという、貴人のための血を流さない処刑法によって殺害したと言われる。

「西遼派」としてのジャムカ[編集]

近年の研究では、12世紀末のモンゴル高原では東の金朝と西の西遼がそれぞれ影響を及ぼしており、モンゴル、ケレイト、タタル、ナイマンといった有力部族間の抗争は金と西遼という二大大国の代理戦争という側面を有していたとことが明らかにされている。そして、テムジンとジャムカこそがモンゴル高原東方における「金朝派」と「西遼派」の代表的人物であったと考えられている。

1196年、テムジンはそれまで「西遼派」であったケレイト部のトオリルを「金朝派」に引き込み、金朝軍・モンゴル軍・ケレイト軍の3軍合同によって「オルズ河の戦い」でタタル部に勝利した。この戦いの功績によってトオリルとテムジンはそれぞれ「オン・カン」と「ジャウト・クリ」という称号を金朝から与えられ、金朝との関係を更に深めた[2]

金朝との友好関係を確立したケレイト−モンゴル同盟(「金朝派」同盟)は周辺諸部族を討伐して勢力を拡大し、モンゴル高原東方では「金朝派」が優勢になりつつあった。これに対し、モンゴル高原東方の「西遼派」が結集して行われたのが、1201年の「ジャムカのグル・カン推戴」であったと考えられている。実際に、この時ジャムカを推戴したコンギラト、カダキン、サルジウトといった諸部族はかつて西遼の創始者耶律大石を助けた諸部族でもあり、また「グル・カン」という称号も西遼皇帝の称号を意識したものと考えられている[3]

また、『金史』には1196〜1199年頃に「障葛」という人物が金朝の辺境を攻撃したことが記されているが、この人物はジャムカであり、この軍事行動は1196年の「オルズ河の戦い」における「金朝派」の拡大に対する報復行為であると考えられている[4]

ジャムカが登場する作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 松田孝一「西遼と金の対立とチンギス・カンの勃興」『13-14世紀モンゴル史研究』第1号、2016年
  • 安田公男「『金史』に現れる人物「障葛」について」『13-14世紀モンゴル史研究』第2号、2017年

脚注[編集]

  1. ^ 『元朝秘史』では弟のタイチャルが、ジェルメの弟ダルマラの馬を盗み、ダルマラに射殺される事件が起こった、と記述されている。
  2. ^ 松田2016,54-59頁
  3. ^ 松田2016,59-60頁
  4. ^ 安田2017,81-83頁