ジャスティン・ワーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャスティン・ワーナー Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ジャスティン・パリス・アシュビー・ワーナー
ラテン文字 Justyn Warner
国籍 カナダの旗 カナダ
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m
大学 アメリカ合衆国の旗 テキサスクリスチャン大学
生年月日 (1987-06-28) 1987年6月28日(32歳)
出身地 カナダの旗 オンタリオ州トロント (ノースヨーク)
身長 177cm
体重 79kg
公式サイト justynwarner.com
成績
オリンピック 100m 準決勝3組4着 (2012年)
4x100mR 決勝失格 (2012年)
世界選手権 100m 準決勝1組5着 (2015年)
4x100mR 3位 (2013年, 2015年)
自己ベスト
50m 5秒77 (2012年)
60m 6秒57 (2015年)
100m 10秒09 (2012年)
10秒08w (2015年)
200m 20秒95 (2011年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ジャスティン・パリス・アシュビー・ワーナーJustyn Paris Ashby Warner1987年6月28日 ‐ )は、カナダノースヨーク出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mで10秒09、室内60mで6秒57の自己ベストを持つ。2013年モスクワ世界選手権2015年北京世界選手権の男子4×100mリレー銅メダリストで、両大会の決勝においてアンカー(4走)を務めた選手である。

経歴[編集]

2005年[編集]

7月に地元カナダのウィンザーで開催されたパンアメリカンジュニア選手権に出場すると、男子100m決勝で10秒26(+0.7)のジュニアカナダ記録(当時)を樹立。1994年にカールトン・チェンバース英語版がマークした10秒30を塗り替えて銀メダルを獲得した[1]。男子4×100mリレーではアンカーを務め、40秒25をマークしての銀メダル獲得に貢献した。

2006年[編集]

8月に北京世界ジュニア選手権に出場すると、男子100mでファイナリストになり、決勝では各ラウンドを通じて一番良いタイムの10秒39(-0.5)をマーク。惜しくもハリー・アイキネス=アリエティ(10秒37)に0秒02差で敗れ銀メダルに終わったが、100mでは男女通じてカナダ史上初のメダリストとなった[2]。4×100mリレーでは1走を務め、予選を39秒64のジュニアカナダ記録を樹立。決勝でも予選のタイムに迫る39秒78をマークしたが、ジャマイカ(39秒05)、アメリカ(39秒21)、イギリス(39秒24)に次ぐ4位でメダルを逃した[3]

2012年[編集]

3月のイスタンブール世界室内選手権男子60mで初のシニアの世界大会ファイナリストになり、決勝は6秒65で7位に入った[4]オリンピック初出場となったロンドンオリンピックでは、男子100m予選を自身初の10秒0台となる10秒09(+1.5)で突破し、準決勝でも自己ベストタイの10秒09(+1.7)をマークしたが決勝には進めなかった[5]。男子4×100mリレーではカナダチーム(ギャビン・スメリー英語版オルセイ・スミス英語版ジャレド・コナフトン英語版、ワーナー)のアンカーを務めると、予選を38秒05の好タイムで突破。決勝でワーナーは5,6番手でバトンを受け取ると、直線で日本とフランスのアンカーを抜いて3位でゴールし、この種目では1996年アトランタ大会以来のメダル獲得と思われたが、3走のジャレド・コナフトンがワーナーにバトンを渡す直前に内側のラインを踏んだとして、レーン侵害の失格に終わった[6]

2013年[編集]

8月のモスクワ世界選手権男子4×100mリレーに出場し、カナダチーム(ギャビン・スメリー、アーロン・ブラウンDontae Richards-Kwok(英語版)、ワーナー)のアンカーを務めると、メンバーに100mで9秒台の自己ベストを持つ選手がいない中、決勝でカナダ歴代4位(当時)の記録となる37秒92をマーク。ジャマイカ(37秒36)、アメリカ(37秒66)に次ぐ3位に入り、この種目では1997年アテネ大会以来のメダルとなる銅メダル獲得に貢献した[7]

2015年[編集]

5月にナッソーで開催された世界リレー男子4×100mの予選でアンカーを務めたが、1-2走間のバトンミスによってバトンはワーナーまで渡らなかった。しかし、ワーナーは周りのレーンのアンカーと一緒に走り出し、ゴール手前で力を抜いたものの最後まで走りきった。8月に北京世界選手権に出場すると、2011年大邱大会以来の出場となった男子100mは予選で10秒20(-0.1)の組5着に終わり、準決勝には進めなかった[8]。男子4×100mリレーでは予選でカナダチーム(ワーナー、アンドレ・ドグラスブレンドン・ロドニー英語版、アーロン・ブラウン)の1走を務めると、38秒03の好タイムをマークして組5着(全体6位)で決勝に進出した。決勝ではカナダチーム(アーロン・ブラウン、アンドレ・ドグラス、ブレンドン・ロドニー、ワーナー)のアンカーを務めると、ゴール直前で中国のアンカーに抜かれ38秒13の4位でゴールしたが、その後2位でゴールしたアメリカがオーバーゾーンで失格となり、カナダは3位に繰り上がり2大会連続の銅メダル獲得となった[9]

家族[編集]

弟のイアン・ワーナー英語版は2007年世界ユース選手権男子100mで7位、妻のニキータ・ホルダー英語版2011年大邱世界選手権女子100mハードルで6位の実績を持つ。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒09 (+1.5)
10秒09 (+1.7)
2012年8月4日
2012年8月5日
イギリスの旗 ロンドン
10秒08w (+3.3) 2015年4月18日 アメリカ合衆国の旗 クレアモント 追い風参考記録
200m 20秒95 (+0.8) 2011年6月12日 カナダの旗 トロント
室内
50m 5秒77 2012年2月2日 カナダの旗 サスカトゥーン
60m 6秒57 2015年2月21日 イギリスの旗 バーミンガム

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2005 パンアメリカン
ジュニア選手権 (en
カナダの旗 ウィンザー 100m 2位 10秒26 (+0.7) ジュニアカナダ記録
200m 5位 21秒04 (+2.5)
4x100mR 2位 40秒25 (4走)
2006 世界ジュニア選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 2位 10秒39 (-0.5)
4x100mR 4位 39秒78 (1走) 予選39秒64:ジュニアカナダ記録
2011 世界選手権 大韓民国の旗 大邱 100m 準決勝3組8着 10秒47 (-0.8)
4x100mR 予選3組5着 39秒28 (4走)
2012 世界室内選手権 トルコの旗 イスタンブール 60m 7位 6秒65
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 100m 準決勝3組4着 10秒09 (+1.7) 自己ベスト
4x100mR 決勝失格 DQ (4走) レーン侵害
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 4x100mR 3位 37秒92 (4走)
2014 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 6位 38秒55 (4走)
2015 世界リレー (en バハマの旗 ナッソー 4x100mR 予選失格 DQ (4走)
世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 準決勝1組5着 10秒20 (-0.1)
4x100mR 3位 38秒13 (4走)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

記録
先代:
カールトン・チェンバース英語版
(10秒30)
1994年7月21日
男子100m
ジュニアカナダ記録保持者
(10秒26)

2005年7月30日 - 2013年6月30日
次代:
アンドレ・ドグラス
(10秒25)
2013年6月30日