ジェレマイア・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジェレマイア・クラーク(ジェレミアとも、Jeremiah Clarke, 1674年 - 1707年12月1日)は、イングランド作曲家。鍵盤楽器のために作られた『デンマーク王子の行進』が最も有名である。この曲はアン女王の夫カンバーランド公ジョージのために作られ、一般には『トランペット・ヴォランタリー英語版[1]の名で知られるが、長い間ヘンリー・パーセルの作だとされてきた。

1674年にロンドンで生まれたとされている。セント・ポール大聖堂ジョン・ブロウに師事した後、王室礼拝堂オルガン奏者となる。しかし、身分が上の美しい女性に恋したことから銃で自殺した。クラークのポストの後任にはウィリアム・クロフトが就任した。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]