ジェプツンダンバ・ホトクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ジェブツンダンパ・ホトクトモンゴル語: Жавзандамба хутагт, チベット語: རྗེ་བཙུན་དམ་པ་, )はモンゴルにおける活仏名跡である。尊称として、「お聖人さま」を意味する「ボグド・ゲゲーン」があり、1911年から1924年にかけてはモンゴルの元首として「聖なる王さま」を意味する「ボグド・ハーン」の称号も使用された。この名跡は、17世紀末から20世紀初頭にかけては清朝から、1919年には中華民国から冊封を受けた。

歴代ジェプツンダンパの事績[編集]

初代テンペーギェンツェン[編集]

ザナバザル像

1614年チョナン派の高僧ターラナータはモンゴルへ巡錫し、20年ほどそこで布教をしていた。ターラナータはモンゴル人の信頼を得、モンゴル人は「ジェプツンダンパ」と彼のことを呼んだ。1634年にターラナータは没したが、翌年に生まれたハルハ部のトゥシェート・ハーンの息子ザナバザルをその転生とし、法名を「ロサン・テンペーギェンツェン」としてモンゴル独自の法王を立てた。

1649年、ザナバザルはチベットへ修行に行った。当時チベットはグシ・ハンの勢力下にあり、チョナン派ゲルク派に取って代わられようとしていた。1650年、ザナバザルはパンチェン・ラマ4世から受戒し、正式に僧となった。そして、ダライ・ラマ5世と謁見し、ゲルク派に改宗の上で活仏と認定するということで、翌年ゲルク派に改宗し、ザナバザルは正式に「ジェブツンダンパ・ホトクト1世」となった。1657年、モンゴルへ戻ったザナバザルはエルデネ・ゾーでチベット仕込みの仏教を広めていくこととなる。1688年ジュンガル部ガルダン・ハーンから攻撃を受けて清へ助けを求め、後に冊封の関係を結んだ。

1691年康熙帝より「ホトクト大ラマ」の称号を賜り、ハルハ地方の宗教的、政治的指導者へと上りつめていった。以降、ジェプツンダンパの名跡は清朝の冊封を受けてからダライ・ラマが追認するという形式となった。

第8世[編集]

20世紀初頭にはジェプツンダンバ・ホトクト8世(ボグド・ハーン)を君主として推戴するボグド・ハーン政権が成立、人民党1920年にモンゴルの政権を獲得したのちも、8世が没する1924年まで君主の座にあり続けた。

第9世[編集]

現在のジェブツンダンパ9世は、1932年カムリタンで生まれ、4歳のときに当時のチベット摂政政府より活仏として認定された。

歴代のジェプツンダンパ[編集]

法名 生没年 モンゴル語[1] チベット語ワイリー式転写
1 ロブサン・ダンビジャンツァン(ロサン・テンペーゲンツェン)ザナバザル,ジニャーナバジュラ 1635–1723 lobsang danbi jalchan blo bzang bstan pa'i rgyal mtshan, dznyA na ba dz ra
2 ロブサン・ダンビトゥンミ(ロサン・テンペートンメ) 1724–1757 lobsang danbi tungmi blo bzang bstan pa'i sgron me
3 イシ・ダンバニャム(イェシェ・テンペーニマ) 1758–1773 ishidambanima ye shes bstan pa'i nyi ma
4 ロブサン・トゥブダンワンチュク(ロサントゥブテンワンチュク・ジグメギャムツォ) 1775–1813 lobsang tubdan wangchugh blo bzang thub bstan dbang phyug 'jigs med rgya mtsho
5 ロブサン・ツルティムジグメ(ロサンツルティムジグメ・テンペーギェンツェン) 1815–1841 lobsang chultem jigmid blo bzang tshul khrims 'jigs med bstan pa'i rgyal mtshan
6 ロサン・テンペーギェンツェン 1842/1843–1848 blo bzang bstan pa'i rgyal mtshan
7 ガワン・チューキワンチュク・ティンレーギャムツォ 1849/1850–1868 ngag dbang chos kyi dbang phyug 'phrin las rgya mtsho
8 ガワン・チョイジニャム・ダンジンワンチュク(ガワンロサン・チューキニマ・テンジンワンチュク) 1870/1871 – 1923/1924 agwang choiji nima danjin wangchcgh ngag dbang blo bzang chos kyi nyi ma bstan 'dzin dbang phyug
9 ジャンペルナムギャル・チューキギェンツェン 1932–2012 'jam dpal rnam grol chos kyi rgyal mtshan

脚注[編集]

  1. ^ モンゴル語のローマ字転写は札奇斯欽「蒙古政教領袖、哲布尊丹巴與西藏之関係」『蒙古與西藏歴史關係之研究』(正中書局1978、ISBN 957-09-0358-9、第18章、609-670頁) に基づく。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]