ジェプツンタンパ9世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジェプツンタンパ9世

ジェプツンダンパ9世モンゴル語: Жавзандамба хутагтチベット語: རྗེ་བཙུན་དམ་པ་1932年 - 2012年3月1日)は、チベット仏教化身ラマの名跡の一つジェプツンダンバ・ホトクトの9番目の継承者。ラサ生まれ。法名はジャンペルナムドゥル・チューキゲンツェン。1939年、チベットのガンデンポタンの摂政政府からジェプツンダンバ8世の転生者として認定され、1990年、モンゴル国ポンサルマーギーン・オチルバト大統領からの照会に対し、ダライラマ14世があらためてジェプツンダンパ9世であることを確認した。

転生に伴う諸問題[編集]

先代のジェプツンダンバ8世、ガワンロサン・チューキニマ・テンジンワンチュクは、1911年、清朝からの独立をめざすモンゴル諸侯から推戴されて君主(ボグド・ハーン)に即位、1922年に社会主義政党の人民革命党政権が発足したのちも、1924年に没するまで君主の地位にとどまり続けた。

ジェプツンダンパ8世の没後、人民革命党政権は「従来からのボグド・ハーンにまつわる伝承」を用いて、「第八代をもってこのホトクトは転生を終わる」と説明し[1]、政府として後継者を捜索・認定しないのみならず、信者や教団による捜索・認定も禁止しようとした。

しかしながら、第3世以降、歴代のジェプツンタンパの転生者はチベットから現れる伝統が確立されており、チベット・ガンデンポタンの摂政政権は、1939年、ラサ生まれのチベット人(1932年 - 2012年)を第9世と認定、ジャンペルナムドゥル・チューキゲンツェンという法名を授け、ラサデプン寺ゴマン学堂で僧侶としての育成に着手した。

出家とチベット脱出、その後のあゆみ[編集]

9世は25歳で還俗して結婚したが、ツァン地方の寺院に在籍し、引き続き仏教学の修学を継続した。チベット動乱に際しては1960年にインドに脱出、仏教学の修行から離れ、衣服の行商、農作業の手伝いなどで生計をたてた。1980年代に入り生活にゆとりができたため学問を再開した。1990年、モンゴルのオチルバト大統領がチベット亡命政府にたいし、「ジャンペルナムドゥル・チューキゲンツェンが「本物の」ジェプツンタンパ9世であるかどうか」の照会をおこなった。これにたいしダライ・ラマ14世はモンゴルにおける「宗教の自由化」の進展が不可逆的な段階に達していると判断、あらためて彼を「ジェプツンタンパ9世」であると公式に確認した[2]

2012年3月1日、死去[3]。80歳没。なくなる前に、インド住在のダライラマと電話相談を通じて、モンゴルで死去決定し、来生はモンゴル国の子供に生まれ変わることにした。新しい転生は未だに見つかっていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ モンゴル科学アカデミー歴史研究所編『モンゴル史』(1)、第4章注(二〇)、p.526
  2. ^ 町田幸彦「人と世界2002:モンゴルのチベット仏教指導者「活仏」ボグド・ゲゲン9世:流転の半生 自覚忘れず」『毎日新聞』2002年8月19日付朝刊
  3. ^ H.E. the Ninth Khalkha Jetsun Dhampa passes away www.phayul.com 2012年3月7日閲覧