ジェニファー・グレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェニファー・グレイ
Jennifer Grey
Jennifer Grey
生年月日 (1960-03-26) 1960年3月26日(57歳)
出生地 ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1979年 -
配偶者 クラーク・グレッグ(2001年 - )
著名な家族 ジョエル・グレイ(父)
主な作品
フェリスはある朝突然に』(1986年)
ダーティ・ダンシング』(1987年)

ジェニファー・グレイJennifer Grey, 1960年3月26日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク出身の女優ダンサーである。

来歴[編集]

父親は舞台俳優で、1972年の映画『キャバレー』でアカデミー助演男優賞を受賞したジョエル・グレイ。母親は元女優・元歌手のジョー・ワイルダー。父方の祖父はコメディアンでミュージシャンのミッキー・カッツ[1]

19歳の時に「ドクターペッパー」の広告でデビュー。その後、小さな役を経て、1986年公開の『フェリスはある朝突然に』で主人公の妹を演じ、広く知られるようになる。その翌年、ヒロインを演じた『ダーティ・ダンシング』が大ヒットし、彼女の代表作となった。

1990年代以降は、テレビドラマなどを中心に活動している。2010年、リアリティ番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』に出演し、優勝した。

私生活[編集]

マシュー・ブロデリックジョニー・デップジョージ・ステファノプロス[2][3]等との交際歴がある。マシュー・ブロデリックとは、交際時の1987年に彼の運転する車に同乗中に事故に遭い、相手の母娘2人が即死するという事件があった[4]。『ダーティ・ダンシング』が事故の数週間後に公開されヒットするが、事故のショックと罪悪感から成功を楽しめず、その後しばらく演技から距離を置く結果になったと語っている[5]

また、1989年に鼻の整形手術を受けたが、失敗であったと語っている[6]

2001年7月21日に俳優で映画監督のクラーク・グレッグと結婚し、同年12月3日に長女ステラを出産した[7]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年
放映年
邦題
原題
役名 備考
1984 俺たちの明日
Reckless
キャシー
若き勇者たち
Red Dawn
トニ
コットンクラブ
The Cotton Club
パッツィー
1985 アメリカン・フライヤーズ
American Flyers
レスリー
1986 フェリスはある朝突然に
Ferris Bueller's Day Off
1987 ダーティ・ダンシング
Dirty Dancing
フランシス・ベイビー・ハウスマン
1989 ワンナイト・オブ・ブロードウェイ
Bloodhounds of Broadway
ラブリー・ルー
1990 マーダー・イン・ミシシッピ/炎の十字架
Murder in Mississippi
リタ テレビ映画
クリミナル・ジャスティス
Criminal Justice
リズ・カーター テレビ映画
夢で逢えたら
If the Shoe Fits
ケリー・カーター/プルーデンス テレビ映画
1992 ウインズ
Wind
ケイト・バス
1993 偽装殺人
A Case for Murder
ケイト・ウェルドン テレビ映画
1996 サイコ・アイ/売春婦連続惨殺事件
Portraits of a Killer
エレイン・テイラー
おとなの愛しかた講座
Lover's Knot
メーガン・フォレスター
1998 アウトレイジ/連鎖脅迫
Outrage
サリー テレビ映画
ディープ・ハプニング
Since You've Been Gone
パティ・リード テレビ映画
2000 偶然の恋人
Bounce
ジャニス
2001 デス・ヴィレッジ
Ritual
アリス・ドッグソン博士
2008 レッドベルト 傷だらけのファイター
Redbelt
ルーシー

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考
1995 フレンズ
Friends
ミンディ 1エピソード
1999-2001 It's Like, You Know... ジェニファー・グレイ 26エピソード
2010 Dr.HOUSE
House M.D.
アビー 1エピソード

脚注[編集]

  1. ^ Mickey Katz (1909-1985)。
  2. ^ 政治家、ニュースキャスター
  3. ^ Sheridan, Peter (2010年9月25日). “What became of Patrick's Dirty Dancing partner?”. The Express (Scotland): pp. 36–37 
  4. ^ Hoffmann, Bill (2002年9月2日). “Broderick's Guilt”. New York Post. 2011年5月14日閲覧。
  5. ^ Isola, Laurie (September 22, 2010). "Jennifer Grey never recovered from Matthew Broderick car crash". San Francisco Chronicle.
  6. ^ “Still having the time of my life 25 years on: Dirty Dancing star Jennifer Grey on Patrick Swayze, dancing and her "nose job from hell"”. MIRROR ONLINE. (2012年8月23日). http://www.mirror.co.uk/3am/celebrity-news/jennifer-grey-on-patrick-swayze-dirty-1274628 2013年2月1日閲覧。 
  7. ^ "Brefly". USA Today. December 6, 2001, p. LIFE, 5D

外部リンク[編集]