ジョージ・ステファノプロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョージ・ステファノプロス

ジョージ・ロバート・ステファノプロスGeorge Robert Stephanopoulos1961年2月10日 - )は、アメリカ政治家ニュースキャスター

クリントン政権で広報担当大統領補佐官(ホワイトハウス広報部部長)[1]、大統領政策・戦略担当上級顧問を務めた。現在、ABCワシントン支局長。

生い立ち[編集]

1961年2月10日マサチューセッツ州ギリシャ系の家系に生まれる。父親は正教会司祭だった。コロンビア大学に進学し、ローズ奨学金を受けオックスフォード大学にて神学修士号を得る。オックスフォード大学在学中に難民キャンプのボランティアとして訪れたスーダンでクーデターに遭遇している。

政治活動家として[編集]

オハイオ州選出の下院議員エド・フェイハンのスタッフ(後に首席補佐官)として政界デビューを果たした。1988年の大統領選マイケル・デュカキス候補の選対本部スタッフに加わる。大統領選後、政治から離れるためにニューヨーク公共図書館館長のティム・ヒーリーの補佐役となる。その直後、1989年民主党ディック・ゲッパート下院院内総務のスタッフ(議会補佐)となる。

クリントンの参謀へ[編集]

1992年の大統領選ビル・クリントン候補の選対本部で副本部長となり当選に貢献。クリントン政権一期目の報道担当大統領補佐官となる。

放送人として[編集]

1996年の大統領選でクリントンの再選に貢献した後に辞職。その後はコロンビア大学客員教授とABCニュースのコメンテーターとして活動。2002年9月からABCのニュース解説番組『This Week』の司会を務めるほか、2005年12月からは同局のワシントン支局長 (Chief Washington Correspondent)として活動している。また2009年12月から『グッド・モーニング・アメリカ』の司会も務める。

テレビドラマ『フレンズ』や『スピン・シティ』に本人役でカメオ出演したこともある。

著書[編集]

  • 『ホワイトハウスの赤裸々な人たち』(All Too Human A Political Education)、大地舜 訳、2001年

脚注[編集]

  1. ^ 英語での役職名は“White House Communications Director”。ホワイトハウス広報部(Office of Communications)の長として、また大統領の側近として、大統領や政権に関するメディア戦略全般を担当するほか、スピーチライターと共に大統領就任式典での就任演説や一般教書演説の草稿作成なども行う。

外部リンク[編集]

メディア
先代:
Sam Donaldson
Cokie Roberts
This Week アンカー
2002年9月15日 – 2010年1月10日
次代:
Christiane Amanpour
先代:
ダイアン・ソイヤー
Robin Roberts
グッド・モーニング・アメリカ 共同アンカー
2009年12月14日 -
次代:
現職
先代:
Christiane Amanpour
This Week アンカー
2012年1月8日 -
次代:
現職