シンデレラ・ボーイ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シンデレラ・ボーイ
No Retreat, No Surrender
監督 コリー・ユン
脚本 キース・ストランドバーグ
原案 ン・シー・ユエン
コリー・ユン
製作 ン・シー・ユエン
出演者 カート・マッキニー
ジャン=クロード・ヴァン・ダム
音楽 フランク・ハリス
撮影 ジョン・ヒューネック
デヴィッド・ゴリア
配給 アメリカ合衆国の旗 ニューワールド・ピクチャーズ
日本の旗 大映
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年5月2日
日本の旗 1988年4月16日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $4,662,137[1]
テンプレートを表示

シンデレラ・ボーイ』(原題:No Retreat, No Surrender)は、1986年制作のアメリカ合衆国の映画

空手を題材としたアクション映画。アクションスターとしてブレイクする前のジャン=クロード・ヴァン・ダムが悪役で出演しているほか、ブルース・リーのものまね俳優として知られるタン・ロンことキム・ダイ・チョンが“ブルース・リーの霊”役で出演している。原題の意味は「退却なし、降参なし」。日本での新版ビデオタイトルは『ノーサレンダー』。

あらすじ[編集]

ロサンゼルスに住む少年ジェイソンは空手道場を経営する父の影響で自身も空手をやっており、なおかつブルース・リーの大信奉者である。

ある日、父の経営する道場が犯罪組織が支配し全米展開をはかる悪徳空手道場の傘下に入ることを勧誘されるが父はこれを拒否、彼らの手下で凄腕のロシア人空手家クラシンスキーと戦って敗れ、道場を取られてしまう。

ジェイソン一家はシアトルヘ引っ越し、新しい生活を始める。ジェイソンはそこでケリーという美しい少女と知り合うが、ケリーの兄で全米空手チャンピオンのイアンの門下生で彼女に好意を寄せる不良少年から嫌がらせを受けたうえ、練習試合で屈辱的に敗れ、おまけに父からは空手を禁じられてしまい、失意のどん底に。

そんなある夜、彼のもとに憧れのブルース・リーの霊が現れ、特訓を授けてくれるという。リーの特訓のもと、ジェイソンは懸命に練習に打ち込み、そのかいあって、ジェイソンの腕前は次第に上達していく。

その頃、例の悪徳空手道場がシアトル進出を図ってくる。彼らの次のターゲットになったのはイアンであった。イアンは彼らの策略にはまり、エキシビションマッチを開催することになる。試合当日、3対3での試合のはずが悪徳道場側の選手はクラシンスキー1人で、イアン側の3選手は反則も辞さないクラシンスキーに次々と倒され、イアンも敗れてしまう。

観戦していたジェイソンはたまりかねて試合に飛び入り参戦、「武とは暴力を止めることである」というリーの教えを胸に、クラシンスキーと最後の対決に挑む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ
ジェイソン カート・マッキニー 関俊彦
イヴァン・クラシンスキー ジャン=クロード・ヴァン・ダム 堀之紀
ケリー キャシー・シレーノ 冬馬由美
R・J・マディソン J・W・フェルス 柴本浩行
ブルース・リーの霊 キム・ダイ・チョン 大塚芳忠
その他 樋浦勉
塩屋翼
納谷六朗
谷口節
嶋俊介
藤本譲
鈴木勝美
中博史
鈴鹿千春
森利也
石田彰
紗ゆり
前田雅恵
岡村明美
演出 壺井正
翻訳 江川由里子
調整 飯塚秀保
効果 PAG
担当 吉田啓介
プロデューサー 垂水保貴
(日本テレビ)
プロデューサー補 宮下政子
制作 グロービジョン
初回放送 1991年5月10日
金曜ロードショー

脚注[編集]

外部リンク[編集]