シンシナティ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Cincinnati (CL-6).jpg
艦歴
発注:
起工: 1920年5月15日
進水: 1921年5月23日
就役: 1924年1月1日
退役: 1945年11月1日
その後: 1946年2月27日にスクラップとして廃棄
除籍:
性能諸元
排水量: 7,050トン
全長: 555 ft 6 in (169.3 m)
全幅: 55 ft 4 in (16.9 m)
吃水: 13 ft 6 in (4.1 m)
機関: ギアード・タービン、4軸推進
最大速: 34ノット
乗員: 士官、兵員458名
兵装: 6インチ砲12門
3インチ砲4門
21インチ魚雷発射管6門

シンシナティ (USS Cincinnati, CL-6) は、アメリカ海軍軽巡洋艦オマハ級軽巡洋艦の1隻。艦名はオハイオ州シンシナティに因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

シンシナティは1920年5月15日にワシントン州タコマトッド・シップビルディング社で起工。1921年5月23日にワシントン州シアトルのシアトル・コンストラクション・ドライドック社で、チャールズ・E・チューダー夫人(シンシナティの安全委員会委員長夫人)によって命名、進水し、1924年1月1日に艦長C・P・ネルソン大佐の指揮下就役した。

南アメリカでの整調巡航後、シンシナティは1924年6月に偵察艦隊に合流し、カリブ海および大西洋岸沿いに作戦活動に従事した。部隊と共にシンシナティは1925年の春に太平洋およびパナマ運河地帯で艦隊演習を行い、その後カリブ海および大西洋岸沿いの作戦活動を再開し、1927年初頭まで従事した。

1927年2月17日、シンシナティはパナマ運河地帯のバルボアを出航、極東での任務に向かう。10月まで上海を拠点として活動し、続いてマニラに移動、その後1928年2月から4月まで再び上海で活動した。東海岸へ帰還途中、オアフ島での訓練に参加、ホノルルで乗客を乗せ、ニカラグアコリントに向かい、1928年7月25日にロードアイランド州ニューポートに帰還、その後は1932年まで東海岸での作戦活動に従事した。

1932年初頭にシンシナティは太平洋艦隊戦闘部隊に合流し、1934年4月から7月まで東海岸を巡航、5月31日にはニューヨークでの大統領による観閲式に参加した。西海岸へ戻ると、1935年から38年まで予備役兵の夏期訓練巡航を行い、その後1939年に再び大西洋での任務に配属される。

シンシナティは1940年4月から真珠湾を拠点として活動し、同年末までグアムフィリピンへの輸送任務に従事した。その後大西洋に戻り、西部大西洋での偵察任務に就く。戦争が始まると、偵察および船団護衛任務を大西洋、カリブ海で行い、マルティニークではフランスの武装帆船を拿捕した。シンシナティはドイツの密航船探索を行い、1942年11月21日にはミルウォーキー (USS Milwaukee, CL-5) 、サマーズ (USS Somers, DD-381) と共にアンナリーズ・エッスベルガー (SS Annaliese Essberger) を発見する。船の乗組員達は自沈しようとしたが、シンシナティの部隊は船に乗り込みその正体を暴き、船が沈む前に乗組員62名全員を捉えた。

1944年の初めにニューヨークでオーバーホールを行ったシンシナティは、ヨーロッパ侵攻のために1944年3月から7月までに行われたニューヨークからベルファストまでの3度の輸送船団巡航に対して、護衛部隊の旗艦として同行した。7月28日にノーフォークを出航し、南フランス攻撃の間、地中海西部での偵察を行う。シンシナティは9月9日にニューヨークに帰還し、オーバーホールの後11月17日にブラジルレシフェで第4艦隊に合流、ヨーロッパでの戦争が終わるまで南大西洋の大洋航路で偵察巡航を行った。

1945年の夏にシンシナティは海軍兵学校生を乗せ2度の訓練巡航を行い、9月29日にフィラデルフィアに到着、同地で1945年11月1日に退役し、1946年2月27日にスクラップとして廃棄された。

シンシナティは第二次世界大戦の戦功で1個の従軍星章を受章した。

外部リンク[編集]