シュテフィ・ゲイエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シュテフィ・ゲイエル
Flag of Hungary.svg この項目では、印欧語族風に、名前を名姓順で表記していますが、ハンガリー語圏の慣習に従いゲイエル・シュテフィと表記することもあります。

シュテフィ・ゲイエル(ハンガリー式にはゲイエル・シュテフィGeyer Stefi, *1888年6月28日 ブダペスト - †1956年12月11日 チューリッヒ)は、ハンガリー人女性ヴァイオリニストで音楽教育者。

父ヨージェフは監察医であり、自身もヴァイオリン演奏の嗜みがあった。3歳でヴァイオリンを始めるが、初心者にしては目覚しい才能を発揮し、やがてブダペストのリスト音楽院にてイェネー・フバイに師事することとなった。神童として欧米で演奏旅行を行なう。音楽性や技巧的な能力だけでなく、その人柄や美貌によっても名を馳せ、バルトークオトマール・シェックは、彼女に魅了されてヴァイオリン協奏曲を献呈した。ちなみにスイスの作曲家ヴィリー・ブルクハルト1943年に、自作のヴァイオリン協奏曲をゲイエルとパウル・ザッハーに献呈している。

ウィーンの弁護士エルヴィン・ユング(Erwin Jung)と結婚するが、ユングは第一次世界大戦末期にスペインかぜ伝染し死去。1920年にスイスの作曲家ヴァルター・シュルテス(Walter Schulthess)と再婚してチューリッヒに移る。同地で演奏活動に取り組み、1934年から1953年まではチューリッヒ音楽院(現:チューリッヒ芸術大学)にて教鞭を執った。1941年には、パウル・ザッハーが監督するコレギウム・ムジクム・チューリヒに入団してそのコンサートミストレスも受け持った。

ゲイエルは多くの後進を育成し、クラウス・フーバーは主要な門弟の一人である。

関連項目[編集]