シャクジョウソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シャクジョウソウ科
クロンキスト体系
Monotropastrum humile.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: シャクジョウソウ科 Monotropaceae
学名
Monotropaceae
Nutt. (1818)

本文参照

シャクジョウソウ科(シャクジョウソウか、Monotropaceae)は被子植物で、8-1015ほどを含む。

特徴[編集]

すべて腐生植物であり、緑色のを発達させず、全株が白や黄色などをしている。地下にが絡まりあった塊状の根茎を生じ、ここから地上にを立てる。茎には鱗片状になった葉を多数つける。花は先端に単独か数個をつけ、うつむいて咲く。

温帯から熱帯にかけて分布し、日本ではギンリョウソウシャクジョウソウギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)が自生種として知られる。

生態[編集]

いずれも真菌寄生する腐生植物で、周囲の樹木と外生菌根を形成して共生生活を営む担子菌の菌糸を自らの根に呼び込んでモノトロポイド菌根を形成し、ここから栄養を得ており、植物体に葉緑素を欠く。

日本列島のシャクジョウソウ科植物ではギンリョウソウ属のギンリョウソウとシャクジョウソウ属のギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)がベニタケ科と、シャクジョウソウ属のシャクジョウソウがキシメジ属菌根を形成していることが確認されている[1]。また、シャクジョウソウがキシメジ属のマツタケの大敵であるとし、その駆除がマツタケの生産に有効であるとする経験則が知られている[2]

分類[編集]

イチヤクソウ科に含めることもあったが、クロンキスト体系では特殊な生態・形態を重視してシャクジョウソウ科としていた。新しいAPG植物分類体系では、旧イチヤクソウ科とともにツツジ科の中の1系統を成すとして、ツツジ科の中のシャクジョウソウ亜科の扱いである。

日本には下記の2属3種がある。

[編集]

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではツツジ科の中の亜科、シャクジョウソウ亜科 (Monotropoideae:旧イチヤクソウ科も含む)の扱いである。

ツツジ科

Enkianthoideae(ドウダンツツジ亜科)




シャクジョウソウ亜科




Arbutoideae(イチゴノキ亜科)





Cassiopoideae(イワヒゲ亜科)



Ericoideae(ツツジ亜科)





Harrimanelloideae(ジムカデ亜科)




Stypheloideae(スティフェリア亜科=旧エパクリス科)



Vaccinoideae(スノキ亜科)








クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではツツジ科に近縁な独立の科としている。

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnolliopsida
ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
ツツジ目 Ericales
シャクジョウソウ科 Monotropaceae

脚注[編集]

  1. ^ 鈴木和夫『根圏における生物共生機能の解明』平成16年度科学研究費補助金(基盤研究(S))研究状況報告書
  2. ^ 松茸名人長野県 上伊那地方事務所農政課

外部リンク[編集]