ギンリョウソウモドキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギンリョウソウモドキ
Monotropa uniflora Japan 5.JPG
福島県浜通り地方 2017年9月
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : キク上類 Superasterids
階級なし : キク類 Asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
亜科 : シャクジョウソウ亜科 Monotropoideae
: シャクジョウソウ属 Monotropa
: ギンリョウソウモドキ
M. uniflora
学名
Monotropa uniflora L.
和名
ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬)

ギンリョウソウモドキ(銀竜草擬、学名:Monotropa uniflora)はツツジ科シャクジョウソウ属多年草。秋に開花することから、アキノギンリョウソウともいう。

古い新エングラー体系ではイチヤクソウ科に、クロンキスト体系ではシャクジョウソウ科に分類されていた。

特徴[編集]

8-10月にかけ、地下茎から地上に花茎を形成し開花する。花茎には鱗片状の葉を密生し、先端に一個だけ花をつけること、花は横かうつむきに咲くこと、全体が透明感のある白であること、いずれもギンリョウソウと同じである。ただし、ギンリョウソウより数はずっと少ない。

ギンリョウソウとギンリョウソウモドキの違いは、前者が液果になるのに対し、後者は蒴果になる。また、花弁の縁がギンリョウソウではなめらかであるのに対して、ギンリョウソウモドキは細かく裂ける特徴がある。

分布と生育環境[編集]

日本では北海道本州四国九州に分布し、林中のやや暗い場所に生育する。世界では東アジア北アメリカに広く分布する。

ギャラリー[編集]

花の内部 
蒴果は上向きになる 

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本III合弁花類』、1981年、平凡社
  • 大場秀章編著『植物分類表(初版第3刷訂正入)』、2011年、アボック社
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)