イチヤクソウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
イチヤクソウ科
Chimaphila2.jpg
オオウメガサソウ
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: イチヤクソウ科 Pyrolaceae
学名
Pyrolaceae
Dum.

イチヤクソウ科(Pyrolaceae)は双子葉植物の科で、4属30種ほどからなる。日本にはイチヤクソウウメガサソウなど4属11種ほどが自生する。

従来の各分類体系では独立の科とされたが、現在のAPG植物分類体系ではツツジ科に含めている。

特徴[編集]

すべて草本で、森林に生育し、常緑多年草が多い。北半球の亜寒帯温帯、一部は中米・西インド諸島の熱帯まで分布する。近縁なシャクジョウソウ科腐生植物)を含めることも多い。サリチル酸メチルを多く含むため特異な香りを持つものもある。は互生。は両性花、4-5数性で放射相称、茎先に単生、あるいは散房・総状花序をつける。花冠は白または赤く色づく。子房は上位で4-5室に分かれる。果実は蒴果で、微細な種子を多数含む。

花が美しいので山草として栽培されるものもあるが、特殊な菌根を形成する必要があり栽培は容易でない。

新分類[編集]

APG植物分類体系ではシャクジョウソウ科とともにツツジ科に含め、シャクジョウソウ亜科としているが、ツツジ科ではこの亜科だけが草本である。

[編集]

ベニバナイチヤクソウ