シグマ型コルベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シグマ型コルベット
Hasanuddin-1.jpg
366「ハサヌディン」
艦級概観
建造者 オランダの旗 オランダ ロイヤル・シェルデ 造船所
運用者  インドネシア海軍
 モロッコ海軍
性能諸元 (9113型)
排水量 満載:1,692 t
全長 90.7メートル (298 ft)
全幅 13.0メートル (42.7 ft)
吃水 3.6メートル (12 ft)
機関 ディーゼル2基, 2軸推進
SEMT ピルスティク 20PA6Bディーゼルエンジン (8910 kW) 2基
電力 キャタピラー 3406C TA 発電機 4基

シグマ型コルベット (Sigma class corvette) は、オランダが開発したコルベット/軽フリゲート。21世紀初頭より輸出市場に投入され、既にインドネシア、モロッコが導入、ベトナムも4隻の導入に向け、交渉しているとされている[1]

シグマ型は、オランダロイヤル・シェルデ 造船所が、主として輸出向けに開発したコルベット/軽フリゲートである。シグマ(SIGMA)とは、Ship Integrated Geometrical Modularity Approachの略であるとされており、その名のとおり、高度なモジュラー化設計を導入している。また、造船所の呼称によるタイプ・ナンバーは、全長と全幅がそのまま使われており、例えば全長91メートル、全幅13メートルのディポネゴロ級は9113型と呼ばれている。

シグマ型コルベットは長船首楼型を導入しており、艦首から艦尾まで長大なナックルを設けている。船体には高度なステルス化設計が導入されている。機関としてはディーゼルエンジンが採用されており、煙突2本が並列に配置されている。また、船首楼後方の後甲板は飛行甲板となっており、大型の9813型では、船首楼後部に格納庫を設けている。一方、小型のディポネゴロ級 (9113型) は格納庫を持たないが、必要に応じて露天係止して運用できるよう、飛行甲板は確保されている。

現在までに発注されたシグマ型は、いずれも、同国製のTACTICOSを中核として、双方向の戦術データ・リンクを備えた戦闘情報システムを構築している。武装に関しては、小型のディポネゴロ級 (9113型)は比較的軽装備であり、艦対艦ミサイルは4発のみ、個艦防空ミサイルは携行地対空ミサイルを艦載化した簡易型で、捜索レーダーも、低空警戒/対水上兼用のMW08のみとなっている。一方、モロッコ海軍向けの9813型は、2,100トンとより大型であることから重装備となっており、VL MICA NAVAL個艦防空ミサイルのVLSと、中型の哨戒ヘリコプターを搭載することが計画されている。また、いずれの型も、自艦装備の対潜兵装として、タレス UMS4132 キングクリップ船底装備ソナーとB515 3連装短魚雷発射管を搭載しており、短魚雷としては、典型的な輸出用魚雷であるA.244/S、または新型のMU90 インパクトを使用する。


諸元表[編集]

9113型 9813型 10513型 10514型
満載
排水量
1,692 t 2,075 t 2,335 t 2,400 t
全長 90.7メートル (298 ft) 97.91メートル (321.2 ft) 105.11メートル (344.8 ft) 105.14メートル (344.9 ft)
全幅 13.02メートル (42.7 ft)
吃水 3.6メートル (12 ft) 3.75メートル (12.3 ft)
機関 ディーゼルエンジン×2基, 2軸推進
8910 kW×2基 9240 kW×2基
最大速力 28 ノット (52 km/h) 30ノット (56 km/h)
巡航速力 18ノット (33 km/h)
航続距離 4,000海里 (7,400 km) / 18ノット (33 km/h)
兵装 76mm 単装速射砲×1基
デネルベクターG12
20mm単装機銃
×4基
20mm単装機銃×2基 N/A
マトラ・テトラル
4連装近SAM発射機×2基
VL-MICA短SAM VLS×12セル
MM40 エグゾセSSM 2連装発射筒×2基
B515 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ ヘリコプター×1機
C4I TACTICOS戦術情報処理装置リンク Y
レーダー MW08 低空警戒/対水上 SMART-S Mk.2 3次元
スペリー ブリッジマスターE 航法レーダー
ソナー タレスUMS 4132
船底装備
N/A
電子戦
対抗手段
ラカル スコーピオン2L ECM装置
タレス DR3000 ESM装置
DLT-12T 囮発射機

同型艦[編集]

就役先 タイプ # 艦名 起工 進水 就役
 インドネシア海軍 9113型 365 ディポネゴロ
KRI Diponegoro
2005年 3月24日 2006年 9月16日 2007年 7月 5日
366 ハサヌディン
KRI Hasanuddin
2005年 3月24日 2006年 9月16日 2007年11月24日
367 スルターン・イスカンダル・ムダ
KRI Sultan Iskandar Muda
2006年 5月 8日 2007年11月24日 2008年10月18日
368 フランス・カイシエイポ
KRI Frans Kaisiepo
2006年 5月 8日 2008年 6月28日 2009年 3月 7日
10514型 未定
 モロッコ海軍 10513型 613 ターリク・ベン=ズィヤード
Tarik Ben Ziyad
2009年 4月15日 2010年 8月 2011年 8月
9813型 614 スルターン・ムーラーイ・イスマーイール
Sultan Moulay Ismail
2009年 3月 2011年 3月 2012年 5月
615 アラル・ベン・アブダラー
Allal Ben Abdellah
2009年 9月 2011年10月 2012年 9月

出典・参考文献[編集]

  1. ^ Vietnam Negotiate Buying four Sigma Corvettes from the Netherlands”. Defence Update (2011年10月23日). 2011年11月2日閲覧。
  • 岡部いさく「再び甦るコルベット 見直される存在意義」、『世界の艦船』第698集、海人社、2008年11月、 76-81頁。
  • 編集部「新型コルベットの技術」、『世界の艦船』第698集、海人社、2008年11月、 82-87頁。
  • 福好昌治「コルベット輸出市場を概観する」、『世界の艦船』第698集、海人社、2008年11月、 88-91頁。
  • Royal Schelde (2004年). “Schelde Naval Patrol Series (JPG)” (英語). 2009年9月3日閲覧。
  • Joris Janssen Lok/Defense Technology International (2009年). “Schelde Sees Bright Future for Sigma Modular Ship (HTML)” (英語). 2009年9月3日閲覧。

関連項目[編集]