ザーロモン・マイモン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ザーロモン・マイモン

ザーロモン・マイモンシュロイメ・ベン・ヨシュア・マイモンSalomon Maimon, Solomon ben Joshua Maimon, 1753年 - 1800年11月22日 シレジア・ニーダージーガースドルフ)はリトアニア出身のドイツの哲学者。カント批判を行ったことでもっとも知られている。

リトアニアのニェシュフィシュ(Nieszwicz) に本姓ヘイマン (Cheiman) として生まれ、ミールで育つ。

著作[編集]

  • "Versuch über die Transcendentale Philosophie" (Berlin, 1790)
  • "Streifereien im Gebiete der Philosophie" (ib. 1793)
  • Philosophisches Wörterbuch, 1791
  • Autobiographie, 1792
  • "Ueber die Progresse der Philosophie" (ib. 1793)
  • "Versuch einer Neuen Logik / oder Theorie des Denkens" (ib. 1794)
  • "Die Kategorien des Aristoteles" (ib. 1794)
  • "Kritische Untersuchungen über den Menschlichen Geist" (ib. 1797)
ヘブライ語
  • "Gib'at ha-Moreh," マイモニデスの "Moreh Nebukim" の註釈、preceded by a sketch of the history of philosophy (Berlin, 1791)
  • "Ta'alumot Ḥokmah," on mathematical physics
  • "Ḥesheḳ Shelomoh."
  • 4部からなる遺作
    • (1) "Ma'aseh Nissim," on the twelve sermons of R. Nissim
    • (2) "'Ebed Abraham," on Ibn Ezra's commentary on the Pentateuch and Psalms
    • (3) "Ma'aseh Libnat ha-Sappir," reflections
    • (4) "Ma'aseh Ḥosheb," on algebra.

外部リンク[編集]