ザ・クークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・クークス
The Kooks at Irving Plaza 11-May-2007.jpg
基本情報
出身地 イングランドの旗 イングランド ブライトン
ジャンル オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
活動期間 2004年 -
レーベル ヴァージン・レコード
公式サイト www.thekooks.co.uk
メンバー ルーク・プリチャード
ヒュー・ハリス
ポール・ガレッド
ピーター・デントン
旧メンバー マックス・ラファティ
ダン・ローガン

ザ・クークス (The Kooks) は、イギリスブライトンの音楽系カレッジで出会って結成されたロックバンドである。

バンド名はデヴィッド・ボウイの4thアルバム『ハンキー・ドリー』収録の曲「クークス」に由来している。

英国政府が新設したミュージシャンを養成する音楽系カレッジで学んだルークら4人で結成。2005年、シングル「エディーズ・ガン」でデビュー。NME誌を中心に賞賛をもって迎えられ、矢継ぎばやに2枚のシングルをリリース。好成績を収めたことから早くも頭角を現す。同期にアークティック・モンキーズがいたために日本ではやや影が薄いが、本国ではアークティック・モンキーズと並ぶ新人バンドとして注目された。 ストレートなギター・ロックを鳴らすが、そのサウンドは初期のブラースーパーグラスといったブリットポップからの影響を指摘される。2006年に1stアルバム『INSIDE IN / INSIDE OUT』を発表した。同年のサマーソニックに出演している。

2008年、何度かバンド活動から離れては戻っていたベーシストのマックスの脱退が発表された。彼の脱退に関して「バンドの解散も考えた」とルークは語っている。

メンバー[編集]

  • ルーク・プリチャードLuke Pritchard 1985年3月2日 - )ボーカル
    ザ・クークスのソングライティングの中心人物。癖のあるハスキーな歌声が特徴。ロンドンで育った。父親のボブ・プリチャードもローリング・ストーンズなどのツアーに帯同するミュージシャンであったが、ルークが3歳の時に亡くなっている。またロンドンクロイドンにある芸術学校(The BRIT School for Performing Arts)に在籍中、同級生だった歌手のケイティ・メルアと恋愛関係にあったことが有名だが、2005年に別れている。ミーシャ・バートンとも一時交際していたが破局。
  • ヒュー・ハリスHugh Harris 1987年7月19日 - )ギター
    メンバー最年少だが、その若さとは裏腹な確かなテクニックはザ・クークスのサウンドを支える貫禄がある。[要出典]
  • ピーター・デントン - ベース
  • ポール・ジェイムス・ガレットPaul James Garred 1985年5月23日 - )ドラム
ボーカルのルーク・プリチャード


元メンバー[編集]

  • マックス・ラファティMax Rafferty 1983年8月7日 - ) ベース
    ルークの親友で共にザ・クークスのソングライティングの中心人物だったが、バンドの急激な成功で精神的にダウンしてしまい2008年に脱退。
  • ダン・ローガン - ベース

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • INSIDE IN / INSIDE OUT - Inside In/Inside Out (2006年)
    発売直後の06年2月4日付で全英9位に初登場。いったん後退するものの、ふたたびじわじわと順位を上げ、リリースから約半年後に最高位の2位に達した。同アルバムはロングセラーとなり、07年10月6日まで計74週にわたって全英アルバム・チャート(75位以内)にとどまった。(そのうちトップ10入りが計25週(半年間)、20位以内が計35週、40位以内が50週(1年間))そして、『INSIDE IN / INSIDE OUT』のイギリスでの売り上げは130万枚を超え、BPI(英国レコード協会)より4つのプラチナ・アワード(売り上げ30万枚につきプラチナを1つ獲得)が贈られている。
  • コンク - Konk (2008年)
    マライア・キャリーレオナ・ルイスなどの強豪を抑え、全英チャートで1位という快挙を成し遂げた。これについてルーク・プリチャードはBBCのインタビューで「正直言って、いま、いいことがたくさん起こり過ぎている。この世はそんなことばかりじゃないって思っているんだ。カルマを信じているからね。次は何か悪いことが起きるんじゃないかって思っているよ」と答えたが、「No.1を目指したわけではないが、この結果は多くの人がサポートしてくれた証であり、それは嬉しかった。」と続けている。
タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[1]
AUS
[2]
AUT
[3]
FRA
[4]
GER
[5]
IRE
[6]
NLD
[7]
NZ
[8]
SWI
[9]
US
[10]
2006 Inside In/Inside Out 2 87 107 75 3 25 24 83 165
2008 Konk
  • 発売日: 2008年4月11日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全英売上: 10万枚[12]
1 8 6 20 6 2 7 12 9 41
  • UK: プラチナ[12]
  • AUS: ゴールド[15]
  • IRE: ゴールド[16]
2011 Junk of the Heart
  • 発売日: 2011年9月12日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, digital download
10 9 9 19 6 41 6 30 8 68
2014 Listen
  • 発売日: 2014年9月8日
  • レーベル: Virgin
  • フォーマット: CD, digital download
16 15 23 79 19 51 51 16 85
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

脚注[編集]

  1. ^ UK Charts > The Kooks”. Official Charts Company. 2011年9月18日閲覧。
  2. ^ Peak positions for albums in Australia:
  3. ^ Austrian Charts > The Kooks” (German). austriancharts.at Hung Medien. 2011年9月18日閲覧。
  4. ^ French Charts > The Kooks” (French). lescharts.com Hung Medien. 2011年9月18日閲覧。
  5. ^ “[http://musicline.de/de/chartverfolgung_summary/artist/Kooks%2CThe/?type=longplay Chartverfolgung / The Kooks Longplay]” (German). musicline.de PhonoNet. 2011年9月18日閲覧。
  6. ^ Irish Charts > The Kooks”. irish-charts.com Hung Medien. 2009年7月12日閲覧。
  7. ^ Dutch Album Charts > The Kooks” (Dutch). dutchcharts.nl Hung Medien. 2011年9月18日閲覧。
  8. ^ New Zealand Charts > The Kooks”. charts.org. nz Hung Medien. 2009年7月12日閲覧。
  9. ^ Swiss Charts > The Kooks” (German). swisscharts.com Hung Medien. 2011年9月18日閲覧。
  10. ^ The Kooks > Album & Song Chart History > Billboard 200”. Billboard Nielsen Business Media. 2011年9月18日閲覧。
  11. ^ Jones, Alan (2017年5月26日). “Official Charts Analysis: Ed Sheeran back on top of the albums chart”. Music Week (Intent Media). http://www.musicweek.com/analysis/read/official-charts-analysis-ed-sheeran-back-on-top-of-the-albums-chart/068607 2017年5月26日閲覧。 
  12. ^ a b c BPI Certified Awards”. British Phonographic Industry. 2016年10月7日閲覧。
  13. ^ ARIA Charts > Accreditations > 2014 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2015年1月26日閲覧。
  14. ^ IRMA 2006 Certification Awards > Multi-Platinum”. Irish Recorded Music Association. 2009年7月12日閲覧。
  15. ^ ARIA Charts > Accreditations > 2012 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2014年9月24日閲覧。
  16. ^ IRMA 2008 Certification Awards > Gold”. Irish Recorded Music Association. 2011年9月18日閲覧。

外部リンク[編集]