ザ・クリミナル 合衆国の陰謀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・クリミナル 合衆国の陰謀
Nothing But the Truth
監督 ロッド・ルーリー
脚本 ロッド・ルーリー
製作 ボブ・ヤーリ
マーク・フライドマン
ロッド・ルーリー
製作総指揮 ジェームズ・スパイス
デニス・ブラウン
デヴィッド・C・グラッサー
ウィリアム・J・イマーマン
出演者 ケイト・ベッキンセイル
マット・ディロン
ヴェラ・ファーミガ
デヴィッド・シュワイマー
アンジェラ・バセット
ノア・ワイリー
アラン・アルダ
音楽 ラリー・グループ
撮影 アリク・サカロフ
編集 セーラ・ボイド
製作会社 ヤーリ・フィルム・グループ
配給 アメリカ合衆国の旗 ソニー・ピクチャーズ・ホーム・エンタテインメント/ヤーリ・フィルム・グループ
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 カナダの旗 2008年9月8日 (トロント国際映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2008年12月19日ニューヨーク市限定)
日本の旗 劇場未公開[1]
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $11,500,000[2]
興行収入 $186,702
テンプレートを表示

ザ・クリミナル 合衆国の陰謀』(ザ・クリミナル がっしゅうこくのいんぼう、原題: Nothing But the Truth)は、2008年アメリカ合衆国社会派ドラマ映画英語版。2003年にアメリカで実際に起きた「プレイム事件」をもとに、情報源守秘という自らの信念を貫いてアメリカの国家権力と対立することとなった女性記者(モデルは『ニューヨーク・タイムズ』の記者ジュディス・ミラー)を描いたフィクションである[3]。しかしながら、「プレイム事件」ではCIAのスパイの情報の暴露が合衆国政府主導で行われ「情報が公開されたCIAスパイ 対 合衆国政府」という図式になっているが、本作品では女性記者が独自に秘密を取得し「女性記者 対 合衆国政府」という図式となっている。

日本では劇場未公開だが、2012年4月3日ハピネットからDVDが発売された[4]

製作会社のヤーリ・フィルム・グループがこの作品の完成直後に破産してしまったため、米国内ではプレミア試写を行ったのみで劇場での一般公開はされずお蔵入りとなった。その後、何カ国かで一般公開はされたが、宣伝が全くなされなかったため収益を上げられなかった。米国では、2009年4月28日ソニー・ピクチャーズ・ホーム・エンタテインメントから、監督の音声解説や削除シーンが収録されたDVDが発売されている。プレミア試写の段階では好意的な批評を多く受けただけに大変不幸な作品と言える[5]

ストーリー[編集]

アメリカ大統領暗殺未遂事件が発生し、米国政府はベネズエラ政府の陰謀として報復攻撃を始める。しかし、『サンタイムズ』紙の女性記者レイチェルは、ベネズエラの関与を否定する報告文書があったにも関わらず政府がそれを握り潰したとする事実を掴んで記事にする。記事は大スクープとして反響を集めるが、レイチェルは政府からの情報提供開示請求を拒否したことから、法廷を侮辱したとして判事の判断で収監されてしまう。『サンタイムズ』紙の全面的なバックアップを受け、レイチェルは国家権力と戦うことになる。一方、レイチェルの記事によって、ベネズエラの関与を否定する報告をあげたCIAのスパイであることを暴かれたエリカが右翼の男に射殺される事件が起きる。激しいショックを受けたレイチェルだったが、それでも情報提供者の名前を明かそうとはしない。レイチェルの一件は最高裁で争われることになる。弁護士バーンサイドは「表現の自由」と「メディアの役割」を強く訴えるものの、国の安全保障が優先されるとしてレイチェルの訴えは退けられる。レイチェルの収監は1年に及び、遂には夫レイとも離婚、息子ティミーの親権も奪われてしまう。それでも情報提供者を明かそうとしない彼女に、ホール判事は収監に意味がないとして釈放を決めるが、納得できないFBI特別検察官デュボアは、釈放直後のレイチェルを改めて法廷侮辱罪で逮捕する。真実を明かせば刑期が2年に減刑されるよう計らうが、拒むのならば法廷で情報漏洩がエリカの死を招いたことを糾弾すると詰め寄るデュボアに対し、レイチェルは条件付きで応じる。2年の実刑を受けることになったレイチェルは刑務所へ向かうバスの中で、エリカがCIAのスパイであることを初めて知った時のことを思い出す。それはレイチェルの息子ティミーの同級生でエリカの娘であるアリソンとの何気ない会話だった。つまり、情報提供者はエリカの幼い娘だったのだ。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替えキャスト[6]

参考文献[編集]

  1. ^ ザ・クリミナル 合衆国の陰謀 [DVD]”. amazon.co.jp. 2013年10月12日閲覧。
  2. ^ Nothing But the Truth (2008) - Box office / business” (英語). IMDb. 2013年10月12日閲覧。
  3. ^ ザ・クリミナル 合衆国の陰謀”. WOWOW. 2013年10月12日閲覧。
  4. ^ ザ・クリミナル 合衆国の陰謀 [DVD]”. amazon.co.jp. 2013年10月12日閲覧。
  5. ^ Anne Brodie (2009年4月29日). “Interview - Rod Lurie on Nothing But the Truth” (英語). 2014年3月27日閲覧。
  6. ^ 『ザ・クリミナル 合衆国の陰謀』あらすじ&ネタバレ ケイト・ベッキンセイル主演 プレイム事件フィクション映画!”. 最新Newsに一言 (2016年3月20日). 2016年3月22日閲覧。
  7. ^ 『ザ・クリミナル 合衆国の陰謀』”. さおりのブログ (2012年4月6日). 2016年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]