ザット・ウッド・ビー・サムシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザット・ウッド・ビー・サムシング
ポール・マッカートニー楽曲
収録アルバムマッカートニー
録音1969年 12月
ジャンルブルース
時間2:38
レーベルパーロフォン
作詞者ポール・マッカートニー
プロデュースポール・マッカートニー

ザット・ウッド・ビー・サムシング(原題:That Would Be Something)は、1970年ポール・マッカートニーが発表した楽曲。

概要[編集]

ソロ・デビューアルバム「マッカートニー」の2曲目。ポール曰く、「まさに僕の曲だよ」。
ジョージ・ハリスンは当時ポールと仲違いしていたのにも関わらず、「この曲は凄く良いと思う」と語っている。

この曲はTVショー「Unplugged」にて初めてライヴ演奏され、その時の音源が「公式海賊盤」に収録された。その後の「Secret Gigs Tour』ではカントリー調にアレンジされて演奏された。


脚注[編集]

参考文献[編集]

Paul McCartney Recording Sessions (1969~2013)