サーボ機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サーボ機構(サーボきこう)とは、物体の位置、方位、姿勢などを制御量として、目標値に追従するように自動で作動する機構。自動制御装置。サーボ(Servo) の語源はラテン語の"servus"(英語のslave・servantの意)。

ファクトリーオートメーションロボット分野では欠かせない技術となっている。コントローラ(司令部)がサーボアンプ(制御部)をとおしてサーボモータ(駆動・検出部)を制御し、サーボモータは制御の状態を確認し制御部にフィードバックする。

また、自動車等のブレーキ等では、ブレーキペダルの踏力から直接の油圧によりそのままブレーキ装置を働かせるだけではなく、何らかのサーボ機構を利用するものがあり、それをサーボと呼ぶ。ドラムブレーキ(自動車など)や、自転車等のバンドブレーキやいわゆる「サーボブレーキ」における、ブレーキ機構自身の摩擦力によって、より強くブレーキが効く方向に正帰還的な働きがあるという特性を「セルフサーボ特性」と呼ぶが、そのためか、踏力を補助する『倍力装置』等と理解されていることも多いようである(参考: ブレーキブースター)。

サーボ機構の応用[編集]

など

規格と定義[編集]

  • JIS Z 8121(1967) オペーレーションズリサーチ用語 『サーボ機構』    
  • JIS B 0185(2002) 知能ロボット用語 『サーボ機構』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]