サメット島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯12度34分1.5秒 東経101度27分13.6秒

サメット島のビーチ


サメット島(サメットとう、タイ語式にコ・サメットとも。英語表記:Ko Samet, Koh Samet, またはKoh Samed, タイ語表記:เกาะเสม็ด)は、本土から6.4km沖合いのタイランド湾内に位置するタイ王国ラヨーン県に属し、同県の県章にも描かれている。1830年ごろ詩人スントーン・プーがサメットの海岸を舞台にした物語プラアパイマニーを著し、有名になった。首都であるバンコクから比較的近い距離にあるため、外国人観光客だけでなく、バンコク市民などにとっても手軽な週末のリゾート地となっている。

交通[編集]

サメット島へは、対岸のバンペーの船着場から連絡船で行くことができる。所要時間は約40分[要出典]。また島全体がタイの国立公園に指定されており、入島の際には国立公園入域料として外国人400バーツタイ人40バーツを支払わなければならない[要出典]。 バンコクからは、BTSエカマイ駅近くにある東部行きバス乗り場から約3時間半でバンペーに到着[要出典]。 ただ、スクンビット通りが渋滞している場合、さらに3~40分遅延することが多々[要出典]。 大人一人の片道料金は170B前後、窓口では往復切符を推奨してくることが多く、帰りの切符を紛失しない自信があればお買い得、確か往復で大人一人300B程度[要出典]

サメット島は数多くの美しい砂浜や青い海で知られており、島内には多くのバンガローやホテル、レストランなどが存在する。島北東部に位置するサイケーオ・ビーチが船着場から最も近く、船着場で待機しているソンテウを利用すれば5分ほどで移動できる。[要出典]また徒歩で移動しても10分あまりである[要出典]

過ごし方[編集]

サメット島には、大型スーパーや娯楽施設等は一切なく、国立公園入口前にある2件のセブンイレブンが唯一のコンビニ[要出典]。 よって、きれいな海やプールを主として一日を過ごすこととなる。