サム・ショー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デクスター・ルミス
プロフィール
リングネーム デクスター・ルミス
サミュエル・ショー
サム・ショー
スリック・スレイジー
ループス
本名 サミュエル・ショー
ニックネーム スティムリース
身長 188cm
体重 108kg
誕生日 (1984-01-19) 1984年1月19日(37歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フロリダ州ジャクソンビル
所属 NXT
トレーナー カーティス・ヒューズ
WWA4レスリング・スクール・スタッフ
デビュー 2007年
テンプレートを表示

サミュエル・ショー(Samuel Shaw1984年1月19日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーフロリダ州ジャクソンビル出身。

TNA所属時代にサム・ショー(Sam Shaw)や本名名義のリングネームで活動していた事で知られる。

現在所属するNXTではデクスター・ルミスDexter Lumis)のリングネームで活動している。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

WWA4レスリング・スクールカーティス・ヒューズの元トレーニングを積み、2007年9月にワールド・リーグ・レスリングWorld League Wrestling)でリングデビュー。2009年4月にヴィンテージ・レスリングVintage Wrestling)に参戦。参戦から1月後の5月にヴィンテージ・ヘビー級王座を初めて獲得している。タイソン・トムコジェシー・ニールを相手に防衛するが、翌年2月にトマス・マーにタイトルを奪われている。

4月に再びヴィンテージ・ヘビー級王座を獲得するも9月にジェシー・ニールに奪われている。2011年5月にアーロン・エピックを破りヴィンテージ・ヘビー級王座を3度目の獲得。8月にはフロリダ・アンダーグラウンド・レスリングFlorida Underground Wrestling)に参戦をしている。9月には王座保持中にヴィンテージ・インターネット王座保持者とも対戦している。2012年6月にフランシスコ・シアトスに破れタイトルを失っている。その後ヴィンテージ・ヘビー級王座を賭けた4wayマッチに参加し、それをラストマッチにヴィンテージ・レスリングから離脱している。

TNA(2012 - 2015)[編集]

2010年8月のPPVであるHardcore JusticeにループスLupus)のリングネームでスポット参戦をしている。

2012年、iMPACTで行われているガットチェックに登場。最初の登場ではチャンスをもらいながらもエイシズ・アンド・エイツAces & Eights)の乱入にあい台無しにされている。ガット・チェック初登場後の2週間後に2回目のチャンスをもらい、ダグラス・ウィリアムズに勝利している。ガットチェックでの活躍が認められ、TNAと契約をした(実際はTNAの下部組織であるOVWとの契約)。

TNAとの契約と同時に下部組織であるオハイオ・バレー・レスリングOhio Valley Wrestling)に2012年10月に登場。アレックス・シルヴァとタッグを結成、12月にはシルヴァとのタッグでOVW南部タッグチーム王座保持者のジェシー・ゴッダーズスウィッチブレードを破り王座を獲得している。しかし2013年1月中旬にクリムゾンジェイソン・ウェインのタッグに王座を奪われている。

2013年11月21日、Impact Wrestlingにて期待の新人としてサミュエル・ショーSamuel Shaw)としてクリスティ・ヘミからインタビューを受けた。そして2014年1月2日、Impact Wrestlingにてノア・ファーナムを相手にデビューし、秒殺勝利した。2月にミスター・アンダーソンを攻撃、抗争を開始した。

2015年6月、インパクト・レスリングを退団。

インディー団体(2015 - 2019)[編集]

2018年10月21日、NWAの70周年記念大会で、コルト・カバナサミー・ゲバラスコーピオ・スカイとの4way戦を制し、ウィリー・マックとNWAナショナル王座を争ったが敗戦。

NXT(2019 - )[編集]

2019年2月11日にWWEと契約[1]。3月16日のNXTハウスショーに本名でデビューした後、6月にリングネームをデクスター・ルミスに変更。同月、NXTブレイクアウトトーナメントに出場するも1回戦で敗退。

得意技[編集]

サイレンス
リングネームを本名のサミュエル・ショーに戻してからNXT所属に至る現在のフィニッシャー。
ブレーキング・ポイント
トップコーナーからのダイビング式レッグドロップ。放つ前にコーナー上で手カメラで相手を覗き込むポーズを決める。
ショーシャンク
相手の顔に両膝を当てるフェイス・バスター
アイリッシュ・カー・ボム
ファイアーマンズキャリーからのフェイス・バスター
サムトーン・ボム
スリングショット・スープレックス
リバウンド式ブレーンバスター
ラリアット
バックドロップ
スピニング・スパイン・バスター
ルー・テーズ・プレス
ドロップキック
裏投げ

獲得タイトル[編集]

OVW
Vintage Wrestling
  • Vintageヘビー級王座 :3回

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ WWE ANNOUNCES NEW CLASS OF DEVELOPMENTAL SIGNINGS”. PWInsider (2019年2月11日). 2019年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]