ゴム容器アイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バクダンキャンディー。先端をはさみで切り落として食べる。
バクダンキャンディーの中身を食べた後のゴム容器。厚さ0.5ミリ程度である。

ゴム容器アイス(ゴムようきアイス)は、食品用ゴム容器に充填したアイスクリーム氷菓子製品。

概要[編集]

昭和時代に誕生したアイス菓子。ゴム容器は、大手ゴムメーカー(不二ラテックスなど)が手掛ける製品であり、食品衛生法の基準に適した製品が使用される。発売当初の製品は、独特のゴム臭・味であったが、ゴム製品の発達により無味無臭のものに近づいている。また、水風船で使用する製品のものよりは薄く、コンドームよりは厚い素材の生地である。

同じ形態のアイス製品であるが、様々なメーカーで製造され、地域独自に呼び名が異なる製品でもある。主に「ボンボン」「たまごアイス」「風船アイス」「爆弾アイス」「おっぱいアイス」など昭和時代は、駄菓子屋の冷凍ショーケース(販売当初は、製品むき出しでの状態。現在は、パッケージ入り)で販売されるケースが多く、低価格なことにより、子供達の人気アイス製品でもあった。現在は、当時の味・製法を再現した、リニューアル製品としてコンビニスーパー洋菓子専門店などでも見掛けるが、当時の味・製法を続ける企業も存在する。

形態[編集]

口金(留め具)
  • なし - そのまま結んだもの。
  • 金属製・プラスチック製
  • 輪ゴム - その形態より「ヨーヨーアイス」とも呼称される。
形状
アイスクリーム
氷菓子
  • 波を打った棒状で長いもの。
フレーバー
  • アイスクリーム
    • レギュラー(ミルク・ミルクセーキ)
    • バニラ
    • チョコレート
  • 氷菓子
    • ストロベリー
    • メロン
    • オレンジ

など

地域色[編集]

アイスクリーム[編集]

日本の製品
日本国外の製品

氷菓子[編集]

関連項目[編集]

同じ形態の食品

外部リンク[編集]