コーリン鉛筆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コーリン鉛筆株式会社(コーリンえんぴつ:英文社号 COLLEEN PENCIL CO.,LTD.)とは、かつて東京都足立区(のち葛飾区)に存在した文房具メーカー

日本の鉛筆メーカーとしては三菱鉛筆トンボ鉛筆に次ぐ業界3位のシェアを誇り、特に色鉛筆などのアートワーク系製品に強みを持っていた。しかし市場縮小期に過剰投資を行ったことなどが引き金となり、1997年(平成9年)に倒産、国内では廃業に追い込まれた。

海外法人にコーリン鉛筆タイランド社タイ、現在も操業中)がある。2007年(平成19年)には東京都墨田区に「株式会社コーリン色鉛筆 設立準備室」が設立され、タイからの輸入とネットでの販売や日本での色芯専門工場の開設を行い、本格的な事業再開を目指した。

2009年(平成21年)9月17日、株式会社コーリン色鉛筆が法人として設立。日本国内で再び「コーリン」ブランドの文房具が、販売されるようになる。

沿革[編集]

  • 1916年(大正5年) : 赤木廣八商店として東京市神田区(現・東京都千代田区)で創業
  • 1932年(昭和7年) : 工場を東京市足立区(現・東京都足立区)に移転
  • 1947年(昭和22年) : コーリン鉛筆株式会社に改称
  • 1982年(昭和57年) : 本社を東京都葛飾区に、工場を茨城県水海道市(現・常総市)に移転、CI変更。“三角顔”のブランドマークが右向きから左向きに変わる
  • 1997年(平成9年) : 倒産。負債総額は約70億円
  • 2007年(平成19年) : 株式会社コーリン色鉛筆設立準備室が発足
  • 2009年(平成21年) : 株式会社コーリン色鉛筆設立

おもな製品[編集]

  • ハイピアス(Hi pierce)No.5050
    • 1967年(昭和42年)発売の高級鉛筆。硬度によって硬度表記の部分の色が異なる。現在コーリン色鉛筆によって復刻版が製造・販売されている。廉価版の頭付けの部分を省略した「ピアス(pierce)」も存在する。
  • コア(CORE)シリーズ
    • 1970年代中期から発売。ハイピアスの後継商品的な位置付けとされる。基本形であるコア5550には、発売当初はおまけとして鴎のデザインの「バランスジャック」が付録として同梱されていた。初期は軸の色が青色だったが後に赤色に変更される。シリーズには他に「コアG」「コア70」などが存在する。
  • No.9900
    • 三菱の「No.9800」、トンボの「No.8900」等に相当する標準グレードの鉛筆。
  • No.2020
  • No.3030
    • No.9900と同様の事務用鉛筆。No.3030はNo.2020に頭付けしたようなデザイン。
  • No.519
    • 試験用鉛筆として昭和20年代に発売されていた。硬度はH。
  • No.686
    • 昭和30年代に発売されていた鉛筆。暗い赤色の軸。
  • ジブ(JIB)シャープ
  • 0.5シャープ芯 GOLD
    • 1972年(昭和47年)発売。一般的な0.5mm径シャープペンシルの替芯に、金色の特殊コーティングを施したもの。30本入200円。
  • BLAXシリーズ
    • シャープ芯。シリーズ展開していてBLAX、NEWBLAX、LONGBLAXの3種類がある。
  • マイルデックス(MILDEX) No.3000-SD
    • 廃業直前の1990年代に発売された高級色鉛筆。
  • 色鉛筆 No.770
    • 色鉛筆の代表製品。12色の組合せ品は紙ケース入りで販売された。発売時期によりスーパーカー世界自然保護基金(WWF)協賛など、様々なケースデザインが施されていた。

この他、鉛筆削り器なども製造していた。

また、コーリン・チャップマンが率いたイギリススポーツカーメーカーのロータスチーム・ロータス(初代)のライセンス供与を受けた鉛筆や鉛筆削り器などを、販売していた事もある。

外部リンク[編集]