コンスタンティノープル条約 (1720年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コンスタンティノープル永遠平和条約(コンスタンティノープルえいえんへいわじょうやく、ロシア語: Константинопольский «Вечный Мир»)は1720年11月16日コンスタンティノープルで締結された、ロシア・ツァーリ国オスマン帝国の間の条約。

条約は1713年のアドリアノープル条約を置換し、両国の新たな平和条約になった。条約の内容は1711年のプルト条約と1713年のアドリアノープル条約より有利なものになった。当時、ロシアの国力が上昇しており、オスマン政府が無視できないほどになったため、コンスタンティノープルの「永遠平和条約」で和平と国境線を再確認し、国境紛争を平和裏で解決しようとした。また第2条でロシアをポーランド=リトアニア共和国現状の保証国として承認した。

両国はお互いに相手の交戦国に援助しないことで合意し、オスマン帝国はポーランド=リトアニア共和国の領土保全が危ぶまれた場合、ロシア軍がポーランド領に入ることに同意した。またアゾフチェルカスキー英語版の間、サマーラ英語版河口、サマーラ川とオリル川英語版の間に要塞を築かないことで合意した。

ロシアは1711年以降はじめてオスマン帝国へ外交官を派遣することができた(第12条)。またロシア人は聖地巡礼のとき、オスマンの税金を免除される。

条約はまた、ロシア人商人とトルコ人商人の両国での自由貿易を認めた。

このコンスタンティノープルの「永遠平和条約」を締結したことで、ロシアは露土関係を安定させ、背後を固めて大北方戦争での勝利を確実なものにした。

参考文献[編集]

  • Полное собрание законов Российской империи, т. 6. СПб., 1822.
  • Соловьев С. М. История России с древнейших времен, кн. 10. М. 1963.