プレオブラジェンスコエ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プレオブラジェンスコエ条約(プレオブラジェンスコエじょうやく、英語: Treaty of Preobrazhenskoye)は1699年11月22日プレオブラジェンスコエ(現モスクワの一部)で締結された条約。条約の交渉はヨハン・パトクルによって行われ、1698年8月にツァーリピョートル1世とポーランド王アウグスト2世ラヴァ英語版で非公式に会談した後、ピョートルが好む住居のあるプレオブラジェンスコエで締結された。条約はスウェーデン・バルト帝国デンマーク=ノルウェーロシア・ツァーリ国ザクセン選帝侯領ポーランド=リトアニア共和国による分割を呼びかけた。条約が締結された直後、大北方戦争が勃発した。

参考文献[編集]

  • Anisimov, Evgeniĭ Viktorovich (1993). The reforms of Peter the Great. Progress through coercion in Russia. The New Russian history. M.E. Sharpe. p. 53. ISBN 1-56324-047-5. 
  • Groß, Reiner (2007) (German). Die Wettiner. Kohlhammer Urban Taschenbücher. 621. Kohlhammer. pp. 181–182. ISBN 3-17-018946-8. 

外部リンク[編集]