アドリアノープル条約 (1713年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アドリアノープル条約(アドリアノープルじょうやく、英語: Treaty of Adrianople)またはエディルネ条約(エディルネじょうやく、英語: Treaty of Edirne)は1713年6月24日ロシア・ツァーリ国オスマン帝国の間で締結された条約。条約は1710年から1711年までの露土戦争を終わらせたプルト条約を再確認した[1]

バルタジ・メフメト・パシャ英語版が署名したプルト条約ははじめコンスタンティノープルの宮廷に受け入れられたが、1709年以来オスマン帝国に亡命していたスウェーデン王カール12世主導する主戦派は不満げであり、世論を逆転させてバルタジ・メフメト・パシャの解任をもたらした。

しかしスルタンのアフメト3世はロシアとの戦いを再開しなかった。やがて主戦派をうるさく感じたアフメト3世はカール12世をスウェーデンへ送り返し、ロシアとの和平の障礙がなくなったことで向こう25年間の和平を約束するアドリアノープル条約が締結された。

脚注[編集]

  1. ^ Treaty of Adrianople (1713), Conflict and Conquest in the Islamic World: A Historical Encyclopedia, Vol. I, ed. Alexander Mikaberidze, (ABC-CLIO, 2011), 33.

参考文献[編集]

  • Советская военная Энциклопедия. Band 1. Воениздат, Москва 1976, S. 117, (Sovjet Military Encyclopedia).