コペンハーゲン条約 (1709年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

コペンハーゲン条約(コペンハーゲンじょうやく、英語: Treaty of Cophenhagen)は大北方戦争中の1709年10月22日に締結された条約。デンマーク=ノルウェーフレデリク4世ロシア・ツァーリ国ピョートル1世の同盟はスウェーデンカール12世により1700年のトラヴェンタール条約で粉砕されたが、この条約により同盟が再び成立した。条約に署名したロシア代表はヴァシーリー・ルキーチ・ドルゴルーコフだった。

参考文献[編集]

  • Anisimov, Evgeniĭ Viktorovich (1993). The reforms of Peter the Great. Progress through coercion in Russia. The New Russian history. M.E. Sharpe. p. 125. ISBN 1-56324-047-5. 

外部リンク[編集]