コナクリ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コナクリ国際空港
Aéroport international de Conakry
Conakry International Airport
Guinean region of Conakry (ISS022-E-31358).jpg
IATA: CKY - ICAO: GUCY
概要
国・地域 ギニアの旗 ギニア共和国
所在地 コナクリ
種類 公共
運営者 SOGEAC
運用時間 24時間
開港 1945年
標高 22 m (72 ft)
座標 北緯9度34分36.80秒 西経13度36分43.06秒 / 北緯9.5768889度 西経13.6119611度 / 9.5768889; -13.6119611座標: 北緯9度34分36.80秒 西経13度36分43.06秒 / 北緯9.5768889度 西経13.6119611度 / 9.5768889; -13.6119611
地図
コナクリ国際空港の位置
コナクリ国際空港の位置
CKY/GUCY
コナクリ国際空港の位置
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
06/24 3,300×49 [1] アスファルト
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

コナクリ国際空港(コナクリこくさいくうこう、英語Conakry International Airport)は、ギニア共和国の首都、コナクリから13kmにある国際空港である。ベシア国際空港英語Gbessia International Airport)とも呼ばれる。 改良工事により、ボーイング747-400のような大型機の運行も可能になった。 [1]

歴史[編集]

  • 1945年 開港。
  • 1958年 民間航空総局(DGCA)により、運営される。
  • 1983年 国際線ターミナルが建設され、8,852㎡の敷地内に年間110万人が収容可能となった。また、ボーディング・ブリッジも2台設置された。
  • 1987年 民間航空総局(DGCA)に代わって、SOGEACが運営を行う。
  • 1989年 貨物ターミナルの改修が行われ、1336m²の敷地内に年間40,000tの貨物の収容が可能になった。

出典:Conakry Airport [1]

就航航空会社と就航都市[編集]

国際線[編集]

航空会社就航地
セネガルの旗 エア・セネガル ブレーズ・ジャーニュ国際空港ダカール
セネガルの旗 グループ・トランスエアー ブレーズ・ジャーニュ国際空港(ダカール)
コートジボワールの旗 エール・コートジボワール フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港アビジャン
トーゴの旗 ASKY航空 フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港(アビジャン)、バマコ・セヌー国際空港バマコ)、ロメ空港ロメ
モーリタニアの旗 モーリタニア航空インターナショナル ルンギ国際空港フリータウン)、ブレーズ・ジャーニュ国際空港(ダカール)、ヌアクショット・オムタウンシー国際空港ヌアクショット
モロッコの旗 ロイヤル・エア・モロッコ ムハンマド5世国際空港カサブランカ
チュニジアの旗 チュニスエア ブレーズ・ジャーニュ国際空港(ダカール)、チュニス・カルタゴ国際空港チュニス
エチオピアの旗 エチオピア航空 フェリックス・ウフェ=ボワニ国際空港(アビジャン)、ボレ国際空港アディスアベバ
ポルトガルの旗 TAPポルトガル航空 ウンベルト・デルガード空港リスボン
フランスの旗 エールフランス ルンギ国際空港(フリータウン)、ヌアクショット・オムタウンシー国際空港(ヌアクショット)、パリ=シャルル・ド・ゴール空港パリ
ベルギーの旗 ブリュッセル航空 ブレーズ・ジャーニュ国際空港(ダカール)、ブリュッセル空港ブリュッセル
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ブレーズ・ジャーニュ国際空港(ダカール)、ドバイ国際空港ドバイ
トルコの旗 ターキッシュ エアラインズ ワガドゥグー空港ワガドゥグー)、イスタンブール空港イスタンブール

脚注[編集]

  1. ^ a b c (英語)Presentation:Conakry International Airport”. 2019年10月21日閲覧。