ロサ・キネンシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コウシンバラから転送)
移動先: 案内検索
ロサ・キネンシス
Rosa chinensis petals.jpg
ロサ・キネンシス Rosa chinensis
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: バラ科 Rosaceae
: バラ属 Rosa
: R. chinensis
学名
Rosa chinensis
和名
コウシンバラ、庚申薔薇(こうしんばら)、月季花(げっきか)、長春花(ちょうしゅんか:キンセンカの別名でもある)、ロサ・キネンシス、チャイナローズ
英名
China rose, Monthly rose

ロサ・キネンシスRosa chinensis)は、貴州省湖北省四川省中華人民共和国中部を原産地とするバラ科バラ属(しゅ)。


概要[編集]

高さ1-2mに成長する四季咲きの常緑低木は羽状に3-5枚、各々長さ2.5-6cm・幅1-3cmの小葉が開く。は赤く、直径1-2cmである。

用途[編集]

園芸植物として中国で広く栽培されている。花弁の色や数(1.5倍から2倍に)に多くの品種改良が加えられた(野生種は一重咲きである)。ハイブリッド・ティーローズを含む多くの園芸用モダンローズの品種改良にも重要な品種である。

花と実は、生理不順生理痛甲状腺の腫れに効能があるとされ、伝統的な中国漢方薬として使用される。

出典[編集]