ハイブリッド・ティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピース

ハイブリッド・ティー (Hybrid tea) は、特定のガーデン・ローズ (garden roses) 類を指す、園芸における非公式な分類用語[1]。2種類のバラ交配して作られたものであり、当初はハイブリッド・パーペチュアル・ローズ (hybrid perpetuals) とティー・ローズ (tea rose) をかけあわせた雑種として生まれた。モダン・ガーデン・ローズ (modern garden rose) に分類される品種の中では、最も古いものである。

ハイブリッド・ティーは、ハイブリッド・パーペチュアルとティーの両方の特性を受け継いで、両者の中間的な特徴を示し、寒さに弱いことが多いティーよりも耐寒性に優れており(ただし、ハイブリッド・パーペチュアルほどではない)、「パーペチュアル」という名称とは裏腹に四季咲性に乏しいハイブリッド・パーペチュアルより繰り返し花をつける(ただし、ティーほど常に花が咲き続けるわけではない)。

ハイブリッド・ティーの花は、長くまっすぐ直立した茎で支えられた、大きく、中央が突出したをつける。花が開くと、大きさは直径8cmから12.5cmほどにまで成長する。ハイブリッド・ティーは、世界的に見ても、最も人気のあるバラの品種であり[2]、それは花の色や形によるものである。花は、長い茎の先に一輪だけ咲くことが多いため、切り花としての人気も高い。

ハイブリッド・ティーの多くは、概ねまっすぐに伸びる性質があり、栽培品種や、生育条件、剪定方法などによって、高さは75cm から2mほどに達する。

歴史[編集]

マダム・キャロライン・テストゥ
ソレイユ・ドール

世界初のハイブリッド・ティーの誕生と一般的に認知されているのは[3]1867年に作られたラ・フランスである。ラ・フランスは、フランスの育苗業者ジャン=バプティスト・アンドレ・ジロー (Jean-Baptiste André Guillot) が育てたものであった[4]。彼は、ティー・ローズ(おそらく「マダム・ブラヴィ (Madame Bravy)」)と、ハイブリッド・パーペチュアル(おそらく「マダム・ヴィクトール・ヴェルディエ (Madame Victor Verdier)」)を交配させ、「ハイブリッド・ティー」を生み出した。

早い時期から作られた栽培品種としては、このほかにも「レディ・マリー・フィッツウィリアム (Lady Mary Fitzwilliam)」(Bennett、1883年)、「Souvenir of Wootton」(John Cook、1888年)、「マダム・キャロライン・テストゥ (Mme. Caroline Testout)」(Pernet-Ducher、1890年)がある。

ハイブリッド・ティーは、フランスリヨンジョゼフ・ペルネ=ドゥシェ (Joseph Pernet-Ducher) が「ソレイユ・ドール (Soleil d'Or) を生み出した、20世紀はじめになるまでは、人気のある品種ではなかった[5]

しかし、ハイブリッド・ティーを20世紀のガーデン・ローズとしては最も人気の高い部類としたのは、第二次世界大戦の終わりに、フランシス・メイアン (Francis Meilland) が導入した「ピース (Rosa Peace)」(マダム・A・メイアン)であり、これは20世紀において最も人気の高い栽培品種となった。

ハイブリッド・ティーの品種は、ほとんどの場合、気温が摂氏-2.5度を下回る寒い冬がある大陸部などでは、完全な耐寒性は備えていない。これに加え、まっすぐに高く伸びるという特性や、葉がまばらにしかつかないこと、また、病害に弱いことなどから、園芸家や造園業者の間におけるハイブリッド・ティーの人気は、やがて、より維持の手間がかからないランドスケープ・ローズ(landscape rose:修景用バラ)へと移っていった。しかし、その後もハイブリッド・ティーは園芸産業にとって標準的なバラの品種として定着しており、おもにフォーマルに整えられた小規模な庭園において愛好され続けている。

繁殖[編集]

通常ハイブリッド・ティーは、親木からとった芽を、より強い成長力をもった台木に継ぐ、芽接ぎの技法によって増やしていく。台木としては、ノイバラなどが用いられる。

カナダのように大陸性の気候の場所においては、ニュージーランドのように海洋性の気候の場所よりも、耐寒性に優る栽培品種が育てられる。

品種例[編集]

Double Delight Hybrid Tea

永年の間に、ハイブリッド・ティーの栽培品種は極めて多数が導入されてきたが、代表的なものとして、「クリスタル・インペリアル (Chrysler Imperial)」、「ダブル・ディライト (Double Delight)」、「エリナ (Elina」、「フレグラント・クラウド (Fragrant Cloud)」、「エンジェル・フェイス (Angel Face)」、「ミスター・リンカーン (Mister Lincoln)」、「ピース」がある。

脚注[編集]

  1. ^ Classification of genera”. Royal Horticultural Society. 2012年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年3月16日閲覧。
  2. ^ D.G. Hessayon. The Rose Expert. Mohn Media Mohndrunk. p. 9.
  3. ^ La France: Hybrid Tea Rose”. RoseGathering.com. 2009年9月18日閲覧。
  4. ^ Guillot”. HelpMeFind.com. 2009年9月18日閲覧。
  5. ^ D.G. Hessayon, The Rose Expert, Mohn Media Mohndrunk, p. 9