ケンブリッジ・スプリングス・ヴァリエーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ケンブリッジ・スプリングス
・ヴァリエーション
abcdefgh
8
Chessboard480.svg
a8 black rook
c8 black bishop
d8 black queen
e8 black king
f8 black bishop
h8 black rook
a7 black pawn
b7 black pawn
c7 black pawn
d7 black knight
f7 black pawn
g7 black pawn
h7 black pawn
e6 black pawn
f6 black knight
d5 black pawn
g5 white bishop
c4 white pawn
d4 white pawn
c3 white knight
a2 white pawn
b2 white pawn
e2 white pawn
f2 white pawn
g2 white pawn
h2 white pawn
a1 white rook
d1 white queen
e1 white king
f1 white bishop
g1 white knight
h1 white rook
8
77
66
55
44
33
22
11
abcdefgh

ケンブリッジ・スプリングス・ヴァリエーション (Cambridge Springs Variation) は、チェスオープニングの1つで、クイーンズ・ギャンビット・ディクラインド (1.d4 d5 2.c4 e6) の一変化である。ケンブリッジ・スプリングス・ディフェンス (Cambridge Springs Defense) とも呼ばれる。1.d4 d5 2.c4 e6 3.Nc3 Nf6 4.Bg5 Nbd7で出来た形がケンブリッジ・スプリングス・ヴァリエーションの基本形である[1]

マンハッタン・ヴァリエーション[編集]

5.e3 Bb4 6.cd ed 7.Bd3 c5 8.Nf3 Qa5[2]

この変化をマンハッタン・ヴァリエーションと呼ぶ[3]

白の5手目で5.cdと指すと5.… ed 6.Nxd5? Nxd5! 7.Bxd8 Bb4+と進行して白は8.Qd2と守る一手となり[4]、以下8.… Bxd2+ 6.Kxd2 Kxd8で黒の駒得になる[4]

その他の変化[編集]

5.e3 c6 6.Nf3 Qa5 7.Nd2 Bb4 8.Qc2 0-0[2][5]

白の7手目は黒に7.… Ne4と指されるのを防いだ手[3][5]。白の7手目では他に7.Bxf6や7.cdと指す手がある[3]。7.Bxf6と指すと7.… Nxf6 8.Bd3 Bb4 9.Qb3 dc 10.Bxc4 0-0と進行し[3]、7.cdと指すと7.… Nxd5 8.Qd2 Bb4 9.Rc1 f6 10.Bh4 0-0と進行する[3]。なお白の7手目で7.Bd3と指す手はあまり良くない[3][5]。以下7.… Ne4 8.Bxe4 de 9.Ne5 Bb4と進行し黒が指しやすい局面となる[3][5]

白の8手目で8.Qb3?と指すと黒に8.… dcと指され[5]、9.Bxc4 Bxc3と進行した後g5のビショップを取られてしまう[5]

参考文献[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『定跡と戦い方』、127-129頁。
  2. ^ a b 『定跡と戦い方』、130-131頁。
  3. ^ a b c d e f g 『定跡と戦い方』、131頁。
  4. ^ a b 『やさしい実戦集』、101頁。
  5. ^ a b c d e f 『やさしい実戦集』、102頁。
  6. ^ ISBNコードは新装版のもの。