ケリス・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
イギリスの旗 イギリス
男子 柔道
オリンピック
1984 ロサンゼルス 71kg級
剥奪 1988 ソウル 71kg級
世界柔道選手権
1987 エッセン 71kg級

ケリス・ブラウン(Kerrith Brown, 1962年7月11日- )は、イギリスウェスト・ミッドランズウルヴァーハンプトン出身の柔道選手。階級は71kg級。身長175cm[1]

人物[編集]

柔道は12歳のときに始めた。最初は65kg級の選手だったが、1983年に階級を71kg級に上げると、1984年のロサンゼルスオリンピックでは銅メダルを獲得した[1]。1987年の世界選手権では初戦でフランスのマルク・アレクサンドルに敗れるが敗者復活戦を勝ち上がって3位になった。翌年のソウルオリンピックでは準決勝で敗れるも、3位決定戦でアメリカのマイク・スウェインを効果で破って前回大会に続く銅メダル獲得かと思われたが、試合後のドーピング検査で利尿剤フロセミドが検出されたために失格となった[1]。その後、2年間の出場停止期間を経て、1991年の世界選手権には1階級上げて78kg級で出場するが、準決勝でドイツのダニエル・ラスカウに警告で敗れると、3位決定戦でも吉田秀彦に警告で敗れて5位にとどまった。翌年のバルセロナオリンピックには出場せず引退することとなった。

2012年にはイギリス柔道連盟の会長となった[2]。2013年にはウルヴァーハンプトン大学にイギリス柔道の一大練習拠点を設けた[3]。その後、2015年6月には会長を辞任した。2015年4月にスコットランドグラスゴーヨーロッパ選手権が開催される予定だったが、その際にイギリス柔道連盟会長としてUFCと提携を結びスポンサーに迎えたことがヨーロッパ柔道連盟(EJU)の逆鱗に触れて、大会開催権を剥奪される事態に陥っていた。EJUによれば、MMAはEJUが設定する価値基準にそぐわないという。なお、7月からは昨年より役員を務めていた国際総合格闘技連盟の新会長に就任した[4][5][6][7][8]

主な戦績[編集]

65kg級での戦績

71kg級での戦績

78kg級での戦績

脚注[編集]

外部リンク[編集]