ケム・ソカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケム・ソカー
កឹម សុខា
Kem Sokha (2013).jpg
ケム・ソカー(2013年12月)
生年月日 (1953-06-27) 1953年6月27日(64歳)
出生地 Flag of Colonial Annam.svg フランス領インドシナ連邦
Flag of Cambodia under French protection.svg カンボジア王国タケオ州
所属政党 フンシンペック (1999年 - 2002年)
人権党 (2007年 - 2012年)
カンボジア救国党 (2012年 - 2017年)
サイン Kem Sokha signature.png
公式サイト kemsokha.info

在任期間 2008年 -

人権党党首
在任期間 2007年 - 2012年

在任期間 2012年 - 2017年
党首 サム・ランシー

在任期間 2017年 - 2017年
テンプレートを表示

ケム・ソカークメール語: កឹម សុខា1953年6月27日 - )は、カンボジア政治家国民議会議員(3期)。

元老院議員(1期)、人権党党首、カンボジア救国党党首を務めた。

経歴[編集]

タケオ州出身。

2005年12月、フン・センへの名誉毀損で逮捕、抑留されるが翌2006年1月に釈放された[1]

2007年、人権党を結成すると同時にカンボジア人権センター代表を辞職する[2]。2008年、国民議会選挙では選挙連合「変革の民主運動」を結成して与党・カンボジア人民党に臨んだ。自らも国政復帰し野党第二党となるも人民党が安定多数を占めた。

2012年7月、野党第一党のサム・ランシー党サム・ランシー党首とマニラで会談。両党の合流による新党結成で合意した。10月には新党登録が内務省に認められ、新党「カンボジア救国党」を結成し、副党首に就任する。

2017年3月、サム・ランシーの辞任に伴い、カンボジア救国党の党首に就任した[3]。9月3日に国家反逆容疑により逮捕[4]。11月16日にカンボジア救国党は最高裁判所により解散を命じられた[5]

脚注[編集]

先代:
(結成)
人権党党首
2007年 - 2012年
次代:
(救国党に合流)
先代:
(結成)
カンボジア救国党副党首
2012年 - 2017年
次代:
Pol Hom
Mu Sochua
Eng Chhai Eang