ケイトリン・デヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ケイトリン・デヴァー
Kaitlyn Dever
Kaitlyn Dever
生年月日 (1996-12-21) 1996年12月21日(25歳)
出生地 アリゾナ州フェニックス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2009年 - 現在
主な作品
映画
ショート・ターム
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
テレビドラマ
Last Man Standing
アンビリーバブル たった1つの真実
テンプレートを表示

ケイトリン・デヴァー(Kaitlyn Dever、1996年12月21日[1] - )は、アメリカ合衆国女優。日本語では「ケイトリン・ディーヴァー」と表記されることもある。

経歴[編集]

アリゾナ州フェニックスに生まれ[2]テキサス州ダラスで育つ[3]。2007年、カリフォルニア州ロサンゼルスへ移り住む[1]。『An American Girl: Chrissa Stands Strong』で映画初出演を果たし[4]、2011年からテレビドラマ『Last Man Standing』にレギュラー出演する[5]

2013年、映画『いま、輝くときに』に出演[6]。同年、デスティン・ダニエル・クレットン監督の『ショート・ターム』に出演し[7]、2014年には、映画『アラサー女子の恋愛事情』でクロエ・グレース・モレッツと共演した[8]。同年、ジェイソン・ライトマン監督の『ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界』に出演する[9]

2019年に公開されたオリヴィア・ワイルドの映画監督デビュー作『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』に主演し[10]英国アカデミー賞 ライジング・スター賞にノミネートされるなど高い評価を得た[11]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2009 An American Girl: Chrissa Stands Strong グウェン・トンプソン
2011 バッド・ティーチャー
Bad Teacher
サーシャ・アバナシー
J・エドガー
J. Edgar
パーマーの娘
2013 いま、輝くときに
The Spectacular Now
クリスタル
ショート・ターム
Short Term 12
ジェイデン
2014 アラサー女子の恋愛事情
Laggies
ミスティ
ステイ・コネクテッド〜つながりたい僕らの世界
Men, Women & Children
ブランディ・ベルトマイヤー
2017 All Summers End グレイス・ターナー
クロッシング・マインド 消えない銃声
We Don't Belong Here
リリー・グリーン
デトロイト
Detroit
カレン・マロイ
不都合な自由
Outside In
ヒルディ・ビーズリー
2018 フロントランナー
The Front Runner
アンドレア・ハート
ビューティフル・ボーイ
Beautiful Boy
ローレン
2019 穢れと祈り
Them That Follow
ディリー・ピケット
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
Booksmart
エイミー・アンツラー
2021 ディア・エヴァン・ハンセン
Dear Evan Hansen
ゾーイ・マーフィー
2022 チケット・トゥ・パラダイス
Ticket To Paradise
リリー ポストプロダクション

テレビシリーズ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
2009 跳べ!ロックガールズ 〜メダルへの誓い
Make It or Break It
愛らしい少女 パイロット版エピソード
モダン・ファミリー
Modern Family
ビアンカ・ダグラス 第1シーズン第9話「大騒ぎの誕生日」
2010 プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち
Private Practice
ペイジ 第3シーズン第14話「恋の準備」
Party Down エスケペイド・ダンフリー 第2シーズン第7話
2011 Cinema Verite ミシェル・ラウド テレビ映画
メンタリスト
The Mentalist
トリーナ 第3シーズン第14話「血には血を」
ラリーのミッドライフ★クライシス
Curb Your Enthusiasm
キーラ・オドネル 第8シーズン第1話「"The Divorce"」
Last Man Standing イブ・バクスター レギュラー
2011-2015 JUSTIFIED 俺の正義
Justified
ロレッタ・マクレディ 計17話出演
2019 アンビリーバブル たった1つの真実
Unbelievable
マリー・アドラー レギュラー

受賞歴[編集]

部門 作品 結果 出典
2011 第32回ヤングアーティスト賞英語版 テレビシリーズ演技賞(若手ゲスト女優部門) プライベート・プラクティス 迷えるオトナたち ノミネート [12]
2012 第33回ヤングアーティスト賞英語版 長編映画演技賞(若手助演女優部門) バッド・ティーチャー ノミネート
テレビシリーズ演技賞(若手助演女優部門) Last Man Standing ノミネート
テレビシリーズ演技賞(若手女優部門) JUSTIFIED 俺の正義 ノミネート
2013 第14回フェニックス映画批評家協会賞 若手女優賞 ショート・ターム ノミネート [13]
2017 ビハインド・ザ・ボイス・アクターズ賞 ビデオゲーム・ボーカル・アンサンブル賞 アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝 ノミネート [14]
2019 ニューポートビーチ映画祭英語版 アンサンブル・キャスト賞 穢れと祈り 受賞 [15]
デトロイト映画批評家協会賞 ブレイクスルー演技賞 『穢れと祈り』
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
ノミネート [16]
シネマコン賞英語版 明日の女性スター賞ビーニー・フェルドスタインと共同受賞) 『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 受賞 [17]
2020 ハリウッド批評家協会賞英語版 アンダー23俳優演技賞 受賞 [18]
ハリウッド・ネクスト・ジェネレーション賞 受賞
第11回ドリアン賞英語版 ライジングスター賞 ノミネート [19]
第77回ゴールデングローブ賞 女優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門) アンビリーバブル たった1つの真実 ノミネート
第10回放送テレビ批評家協会賞英語版 女優賞(映画・ミニシリーズ部門) ノミネート
第73回英国アカデミー賞 ライジング・スター賞 『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 ノミネート
第36回TCAアワード英語版 個人業績賞(ドラマ部門) 『アンビリーバブル たった1つの真実』 ノミネート

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Phoenix-Born Actress Kaitlyn Dever on Short Term 12”. Phoenix New Times (2014年1月7日). 2015年1月21日閲覧。
  2. ^ ケイトリン・ディーヴァー/Kaitlyn Dever”. Criss Cross. 2015年1月21日閲覧。
  3. ^ Shailene Woodley selects Kaitlyn Dever”. Dazed Digital (2013年12月17日). 2015年1月21日閲覧。
  4. ^ 10 Actors to Watch - Kaitlyn Dever”. Variety (2014年10月7日). 2015年1月21日閲覧。
  5. ^ Some Teenagers Are Old for Their Age - Kaitlyn Dever Talks About ‘Men, Women & Children’”. The New York Times (2014年10月15日). 2015年1月21日閲覧。
  6. ^ Actress Kaitlyn Dever talks ‘The Spectacular Now’”. Examiner (2013年8月8日). 2015年1月21日閲覧。
  7. ^ Film Review: Short Term 12”. Consequence of Sound (2013年8月23日). 2015年1月21日閲覧。
  8. ^ Kaitlyn Dever talks about 'Laggies' and on-set teenage camaraderie”. Entertainment Weekly (2014年10月24日). 2015年1月21日閲覧。
  9. ^ ‘Men, Women & Children’s’ Internet-Savvy Cast Share Bountiful Social Media Advice at Premiere”. Variety (2014年10月1日). 2015年1月21日閲覧。
  10. ^ “ケイトリン・デヴァー「どうしてもこの役をやりたい」『ブックスマート』の舞台裏明かす”. シネマカフェ. (2020年8月4日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/08/04/68324.html 2020年8月4日閲覧。 
  11. ^ “BAFTAライジングスター賞候補にオークワフィナ、ケイトリン・デバー”. 映画.com. (2020年1月9日). https://eiga.com/news/20200109/7/ 2020年1月9日閲覧。 
  12. ^ 32nd Annual Young Artist Awards”. YoungArtistAwards.org. 2013年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  13. ^ Phoenix Film Critics Society Awards (PFCS)”. Phoenix Film Critics Society. 2020年7月13日閲覧。
  14. ^ BTVA Voice Acting Awards 2016 - Video Games”. 2020年7月13日閲覧。
  15. ^ 2019 NBFF Awards – Newport Beach Film Festival”. 2020年7月13日閲覧。
  16. ^ Marini, Miriam (2019年12月9日). “Detroit Film Critics Society announces 2019 winners”. WDIV-TV. 2020年7月13日閲覧。
  17. ^ KAITLYN DEVER & BEANIE FELDSTEIN TO RECEIVE "CINEMACON® FEMALE STARS OF TOMORROW AWARD"”. National Association of Theatre Owners. 2020年7月13日閲覧。
  18. ^ ‘1917’ Wins Best Picture at 3rd Annual Hollywood Critics Association Awards”. Variety (2020年1月9日). 2020年7月13日閲覧。
  19. ^ Nordyke, Kimberly (2020年1月8日). “'Parasite' Tops Dorian Awards With 5 Wins”. The Hollywood Reporter. 2020年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]