バッド・ティーチャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バッド・ティーチャー
Bad Teacher
監督 ジェイク・カスダン
脚本 ジーン・スタプニツキー
リー・アイゼンバーグ
製作 ジミー・ミラー
デイヴィッド・ハウスホルター
製作総指揮 ジョージア・カカンデス
ジェイク・カスダン
リー・アイゼンバーグ
ジーン・スタプニトスキー
出演者 キャメロン・ディアス
ジャスティン・ティンバーレイク
ジェイソン・シーゲル
音楽 マイケル・アンドリュース
撮影 アラー・キヴィロ
編集 タラ・ティンポーン
製作会社 モザイク
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 日活
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年6月24日
日本の旗 2012年5月19日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 2,000万ドル[1][2]
興行収入 $216,197,492[2]
2300万円[3] 日本の旗
テンプレートを表示

バッド・ティーチャー』(Bad Teacher)は、2011年アメリカ合衆国コメディ映画

キャメロン・ディアス、ジャスティン・ティンバーレイクの元ビッグカップルの共演も話­題となり、全米大ヒットを記録した、キャメロン・ディアス主演の恋愛エンターテイメント。

2012年5月19日(土)全国ロードショー。

ストーリー[編集]

結婚準備に忙しかったというエリザベスが1年間の教師を終えて彼の家に行くと義母が先月16000ドル使ったから息子と別れろという。エリザベスは結婚願望が強いが、バスケ選手たちはみな結婚を避け、妊娠させないように使用済みのコンドームも持ち帰ったという。元の学校に戻って中学一年生のクラスを担当する事になるが、金なし、夢なし、熱意なし。新学科初日から親の作ったクッキーもまずいといい、『落ちこぼれの天使たち』(Stand and Deliver)を見せて眠る。ジャガー・ルクルトの時計をしていて、祖父が作ったというイケメン代理教師のスコットが転任して一目惚れ。「女の幸せ=玉の輿」と独自­の考えを持つ小悪魔教師は豊胸手術を計画するが、9300ドルだという。洗車が儲かると知ると着服を画策。Aを取れなきゃ返金すると保護者から集金。『食べて、祈って、恋をして』の本をプレゼントしたエイミーを好きだとスコットがいうと邪魔をする。共通テストで1位になると5700ドルもらえると聞いて『アラバマ物語』を課題にする。教委を騙して問題を入手して受賞。毒リンゴをエイミーにあげるが、不正を発見される。教委の男はハレンチ写真を見せられて証言を中止、エイミーもはめられる。スコットに言い寄られるが、拒否して、貧しい体育教師は僕とつきあうと中身で考えたことになると求愛。

キャスト[編集]

エリザベス・ハルジー
演 - キャメロン・ディアス、吹替 - 沢海陽子
ジョン・アダムス中学の女性教師。玉の輿に乗るためならば手段を選ばない。
スコット・デラコート
演 - ジャスティン・ティンバーレイク、吹替 - 浪川大輔
代理教師。母親の実家が有名時計ブランドの創業家。
ラッセル・ゲティス
演 - ジェイソン・シーゲル、吹替 - 天田益男
体育教師。エリザベスに惹かれている。
エイミー・スクワレル
演 - ルーシー・パンチ、吹替 - うさみともこ
同僚教師。偽善者でエリザベスと敵対。スコットと付き合うようになる。
リン・デイヴィス
演 - フィリス・スミス、吹替 - 一龍斎貞友
同僚教師。太った冴えない独身女性。
ウォリー・スナー
演 - ジョン・マイケル・ヒギンズ、吹替 - 里卓哉
校長。異常なまでのイルカ好き。
カーク
演 - エリック・ストーンストリート
エリザベスのルームメイト

製作[編集]

2008年8月、コロンビア映画がスタプニツキーとアイゼンバーグの草稿の権利を購入[4]。2009年5月、ジェイク・カスダンが監督に雇われ[5]、2009年12月、キャメロン・ディアスが主演に決まった[6]。2010年3月、ジャスティン・ティンバーレイクの出演が決まり、同月下旬に撮影が開始された[7]

評価[編集]

本作に対する批評家の評価は割れている。映画のレビューを集積するウェブサイトRotten Tomatoesは171件のレビューを基に好意的な評価の割合を44%、評価の平均を5.2/10、批評家の総意を「有望なコンセプトとキャメロン・ディアスの魅力的な厚顔無恥の演技にもかかわらず、『バッド・ティーチャー』は決して本来あるべきほど面白くなることがない」としている[8]。有力媒体の批評から100点満点の加重平均値を導くMetacriticは38件の批評を基に47の値を示している[9]。CinemaScoreの調査によると、観客の評価の平均は「C+」だった[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Kaufman, Amy; Fritz, Ben (2011年6月30日). “Movie Projector: 'Transformers' will detonate competition at holiday box office”. ロサンゼルス・タイムズ. http://latimesblogs.latimes.com/entertainmentnewsbuzz/2011/06/movie-projector-transformers-will-detonate-holiday-boxoffice.html 2012年2月25日閲覧。 
  2. ^ a b Bad Teacher (2011)” (英語). Box Office Mojo. 2012年2月25日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報」2013年2月下旬決算特別号 220頁
  4. ^ Fleming, Michael (2008年8月26日). “'Teacher' in Columbia's class”. Variety (Reed Business Information). http://www.variety.com/article/VR1117991189 2011年5月28日閲覧。 
  5. ^ Fernandez, Jay A. (2009年5月27日). “Director Jake Kasdan enrolls for "Bad Teacher"”. Reuters (トムソン・ロイター). http://www.reuters.com/article/2009/05/28/us-teacher-idUSTRE54R0JI20090528 2011年5月28日閲覧。 
  6. ^ Siegel, Tatiana (2009年12月9日). “Cameron Diaz is a 'Bad Teacher'”. Variety. Reed Business Information. 2011年5月28日閲覧。
  7. ^ Siegel, Tatiana (2010年3月2日). “Justin Timberlake hot for 'Teacher'”. Variety. Reed Business Information. 2011年5月28日閲覧。
  8. ^ Bad Teacher (2011)”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2012年2月25日閲覧。
  9. ^ Bad Teacher”. Metacritic. CBS Interactive. 2012年2月25日閲覧。

外部リンク[編集]