ビーニー・フェルドスタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビーニー・フェルドスタイン
Beanie Feldstein
Beanie Feldstein
本名 Elizabeth Greer Feldstein(エリザベス・グリア・フェルドスタイン)[1]
生年月日 (1993-06-24) 1993年6月24日(29歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 女優
活動期間 2002年 -
著名な家族 ジョナ・ヒル(兄)[2]
主な作品
映画
ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
ビルド・ア・ガール
レディ・バード
テンプレートを表示

ビーニー・フェルドスタインBeanie Feldstein, 1993年6月24日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身の女優

生い立ち[編集]

1993年6月24日衣裳デザイナースタイリストのシャロン・リンとロックバンドのガンズ・アンド・ローゼスなどを担当していたコンサートツアー専門税理士のリチャード・フェルドスタインの娘として、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる[3][4][5]ユダヤ系アメリカ人であり、3人兄妹の末っ子[6]。次兄は俳優・映画監督のジョナ・ヒル[2][7]。長兄のジョーダン・フェルドスタインはバンド・マルーン5のマネージャーを担当していたが、2017年血栓のため40歳で逝去した[8]

フェルドスタインが乳幼児の頃、ベビーシッターに「ビーニー」という愛称を名づけられたことから、兄たちもそう呼ぶように[9][10]。ロサンゼルスのハーバード・ウェストレイク・スクール英語版ニューヨークの演劇キャンプ・ステージドア・マナー英語版に通っていた[11]2015年ウェズリアン大学社会学の学位を取得して卒業[12]

俳優のベン・プラット英語版とは高校時代からの親友である[13]

キャリア[編集]

2002年、コメディドラマ『My Wife and Kids』(ABC)に出演し、女優デビュー[11]2012年にはディズニー・チャンネルのミュージカルドラマ『Madison High』でマーティ役を演じた[14]2015年Netflixのコメディドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のシーズン3にゲスト出演[11]。また、同年にコメディ映画『ファン・ガール英語版』でアンナ役を演じた[15]

2016年公開のコメディ映画『ネイバーズ2』ではセス・ローゲンザック・エフロンらと共演。重要な役どころを演じ、注目を集める[11][15]

歴史劇ドラマ『The Devil You Know』(HBO)ではリディア・ハリス役にキャスティングされ[16]シットコムふたりは友達? ウィル&グレイス』(NBC)にもゲスト出演。

2017年4月20日から開幕したミュージカル『ハロー・ドリー!』でミニー・フェイを演じ、ブロードウェイデビューを果たした[17]

2017年6月にロサンゼルス映画祭でプレミア上映されたウィットニー・カミングス英語版の監督デビュー作『The Female Brain』に出演した。また、同年公開されたグレタ・ガーウィグの単独監督デビュー作『レディ・バード』では、シアーシャ・ローナンローリー・メトカーフらと共演[18]。同作はアカデミー賞作品賞にノミネートされ、主人公の親友ジュリー役を好演したフェルドスタイン自身も全米映画俳優組合賞をはじめ多数のアンサンブル賞にノミネートされた[19]

2019年、同名映画のドラマ化であるホラーコメディシリーズ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版』(FX)のシーズン1にジェナ役で登場し、批評家から好意的な評価を得た[20]

また、2019年にはオリヴィア・ワイルドの監督デビュー作である青春コメディ映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』で主演を務め[21][22]ゴールデングローブ賞主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされるなど高い評価を得た[23]。その後、ケイトリン・モランによる2014年の同名小説を映画化した『ビルド・ア・ガール』で主人公のジョアンナ・モリガンを演じ[24]、批評家から肯定的な評価を獲得[25]

2020年には、医療ドラマ『グレイズ・アナトミー 恋の解剖学』(ABC)に新人研修医のテス・アンダーソン役でゲスト出演。フェルドスタインは同作に出演することが幼少期からの夢だったと語っている[26]。また、同年にアニメ『ザ・シンプソンズ』(FOX)にも声優として出演[27]

2019年8月6日、実在の事件を描くドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー』(FX)のシーズン3にモニカ・ルインスキー役で出演することが発表され[28]、同作ではプロデューサーも兼務した[29]。また、同年8月29日には、同名ミュージカルをリチャード・リンクレイター監督が20年をかけて映画化予定の『メリリー・ウィー・ロール・アロング英語版』に主演することが決定[30]

2021年8月11日、翌2022年にブロードウェイで上演予定のミュージカル『ファニー・ガール英語版』に、主人公のファニー・ブライス役で出演することが発表された。2021年にトロント国際映画祭で封切られた、トニー賞最優秀演劇作品賞を受賞したステファン・カラム英語版の同名ストレートプレイの映画化『The Humans』にブリジット役で出演した[31][32]

私生活[編集]

クィアであることを公表しており[33]2018年からイギリスプロデューサーのボニー・チャンス・ロバーツと交際している[34][35]。2022年6月、ロバーツとの婚約を発表した[36]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2016 ネイバーズ2
Neighbors 2: Sorority Rising
ノラ
2017
The Female Brain
アビー
レディ・バード
Lady Bird
ジュリアン・"ジュリー"・ステファンズ
2019 ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
Booksmart
モリー・デヴィッドソン ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
ビルド・ア・ガール
How to Build a Girl
ジョアンナ・モリガン
2021
The Humans
ブリジッド
TBA メリリー・ウィー・ロール・アロング
Merrily We Roll Along
メアリー・フリン

テレビ[編集]

放送年 邦題
原題
役名 備考
2002
My Wife and Kids
ビーニー 第3シーズン第7話「Crouching Mother, Hidden Father」
2012
Madison High
マーティ
2015 ファン・ガール
Fan Girl
アンナ テレビ映画

The Devil You Know
リディア・ハリス パイロット版
2017 ふたりは友達? ウィル&グレイス
Will & Grace
ステラ 第9シーズン第2話「Who's Your Daddy」
クレジットなし
2019 シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア
What We Do in the Shadows
ジェナ 計4話に出演
2020 ザ・シンプソンズ
The Simpsons
サポートグループのセラピスト アニメ / 声の出演
第31シーズン第13話「フリンクコイン」
グレイズ・アナトミー 恋の解剖学
Grey's Anatomy
テス・アンダーソン 第16シーズン第15話「儚き銀世界」

Saturday Night Seder
本人 テレビスペシャル

Take Me to the World: A Sondheim 90th Celebration
本人 / パフォーマー

Home Movie: The Princess Bride
プリンセス・バターカップ 第1シーズン第8話「Ultimate Suffering」[37]

Make It Work!
本人 テレビスペシャル[38]
2021 アメリカン・クライム・ストーリー
Impeachment: American Crime Story
モニカ・ルインスキー 第3シーズン
メインキャスト兼プロデューサー

ネット配信[編集]

邦題
原題
役名 備考
2015 オレンジ・イズ・ニュー・ブラック
Orange Is the New Black
2004 プリティガール Netflixドラマ
第3シーズン第9話「カルト教祖」
2021 ハリエットはスパイ
Harriet the Spy
ハリエット・M・ウェルシュ Apple TV+アニメ / 声の出演
メインキャスト[39]

ミュージック・ビデオ[編集]

公開年 タイトル アーティスト名 備考
2018 Girls Like You マルーン5 feat. カーディ・B

舞台[編集]

上演年 タイトル 役名 会場 備考
2017 - 2018 ハロー・ドーリー! ミニー・フェイ シューベルト劇場英語版 ブロードウェイ・ミュージカル
上演期間:2017年4月20日 - 2018年1月14日
2022 ファニー・ガール英語版 ファニー・ブライス オーガスト・ウィルソン劇場英語版 ブロードウェイ・ミュージカル
上演期間:2022年3月26日 - 9月25日

受賞歴[編集]

部門 作品 結果 出典
2018 全米映画俳優組合賞 キャスト賞 映画『レディ・バード ノミネート [40]
アワードサーキットコミュニティー賞 キャスト・アンサンブル賞 受賞 [41]
オンライン映画テレビ協会賞 アンサンブル賞 受賞 [42]
ゴールドダービー賞英語版 アンサンブル・キャスト賞 ノミネート [43]
2019 オンライン映画テレビ協会賞 コメディシリーズ・ゲスト女優賞 テレビドラマ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア英語版 ノミネート [44]
インディワイヤー賞英語版 主演女優賞 映画『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー ノミネート [45]
シネマコン賞英語版 明日の女性スター賞ケイトリン・デヴァーと共同受賞) 受賞 [46]
ハリウッド批評家協会賞英語版 主演女優賞 次点 [47]
2020 ゴールデンシュモーズ賞英語版 ブレイクスルー演技賞 ノミネート [48]
クワイアティ賞英語版 映画演技賞 ノミネート [49]
オンライン映画テレビ協会賞 女性ブレイクスルー演技賞 ノミネート [50]
ドリアン賞英語版 ライジング・スター賞 ノミネート [51]
サンタバーバラ国際映画祭英語版 ヴィルトゥオーソ賞 受賞 [52]
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) ノミネート [53]
2022 ドラマリーグ賞英語版 演技賞 ミュージカル『ファニー・ガール英語版 ノミネート
Broadway.com オーディエンス賞英語版 主演女優賞(ミュージカル部門) ノミネート
ファニー演技賞 ノミネート
ディーヴァ演技賞 ノミネート
ブレイクスルー演技賞 受賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Elizabeth Greer Feldstein”. Familysearch.org. 2016年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月21日閲覧。
  2. ^ a b “ジョナ・ヒル、『ブックスマート』の妹ビーニーと語り合った“自分を愛することができるまで””. シネマカフェ. (2020年8月30日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/08/30/68730.html 2021年3月23日閲覧。 
  3. ^ Sharon CHALKIN, b: Private Archived 2017-05-10 at the Wayback Machine.. Levinsongenealogy.org. Retrieved on November 15, 2011.
  4. ^ Social Announcements – Weddings Engagements Births – Article – NYTimes.com Archived 2013-11-14 at the Wayback Machine.. Select.nytimes.com. Retrieved on November 15, 2011.
  5. ^ Brevet, Brad. (June 2, 2010) Interview: Jonah Hill Talks Music and Movies Promoting 'Get Him to the Greek' Archived 2010-06-08 at the Wayback Machine.. Rope of Silicon. Retrieved on November 15, 2011.
  6. ^ Bloom, Nate (2019年6月12日). “Jews in the Newz”. American Israelite. 2019年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月25日閲覧。 “In April, I noted that the coming-of-age comedy “Booksmart” had three Jewish cast members: Beanie Feldstein, 25, Skyler Gisondo, 22, and Noah Galvin, 25.”
  7. ^ “ビーニー・フェルドスタイン、もう「あのジョナ・ヒルの妹」なんて言わせない インタビュー映像”. ORICON NEWS. (2020年7月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2167870/full/ 2020年7月26日閲覧。 
  8. ^ Aniftos, Rania (2019年4月17日). “Beanie Feldstein Opens Up in Heartfelt Essay About the Death of Her Brother, Music Manager Jordan Feldstein”. Billboard. オリジナルの2020年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200318110556/https://www.billboard.com/articles/news/8507733/beanie-feldstein-brother-jordan-feldstein-death-essay 2020年1月1日閲覧。 
  9. ^ Torok, Ryan (2018年1月3日). “Hello, Beanie: Feldstein Having a Moment With 'Dolly' and 'Lady Bird'”. Jewish Journal. オリジナルの2018年6月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180618152334/http://jewishjournal.com/culture/arts/229277/hello-beanie-feldstein-moment-dolly-lady-bird/ 2018年7月2日閲覧。 
  10. ^ Lenker, Maureen Lee (2018年1月26日). “Lady Bird's Beanie Feldstein on her great audition and 'relentless weeps' after watching the movie”. Entertainment Weekly. 2018年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月24日閲覧。
  11. ^ a b c d Sneider, Jeff (2015年8月7日). “Jonah Hill's Sister Beanie Feldstein Joins Seth Rogen, Zac Efron in 'Neighbors 2'”. thewrap.com. オリジナルの2015年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150910113317/http://www.thewrap.com/jonah-hills-sister-beanie-feldstein-joins-seth-rogen-zac-efron-in-neighbors-2/ 2015年9月1日閲覧。 
  12. ^ Schaefer, Kayleen (2019年5月20日). “Meet Booksmart's Beanie Feldstein, Jonah Hill's Brilliantly Funny Sister”. The Wall Street Journal. オリジナルの2020年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200125043429/https://www.wsj.com/articles/meet-booksmarts-beanie-feldstein-jonah-hills-brilliantly-funny-sister-11558356167 2020年1月1日閲覧。 
  13. ^ Ben Platt and Beanie Feldstein, the High-School "Soul Mates" Who Made It to Broadway Together”. VanityFair.com. Vanity Fair. 2017年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月22日閲覧。
  14. ^ Brill, Rebecca (2015年4月30日). “WesCeleb: Beanie Feldstein '15”. wesleyanargus.com. オリジナルの2015年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150905213311/http://wesleyanargus.com/2015/04/30/wesceleb-beanie-feldstein/ 2015年9月1日閲覧。 
  15. ^ a b Ford, Rebecca (2015年8月7日). “'Neighbors 2' Adds 'Dope' and 'Fan Girl' Actresses (Exclusive)”. hollywoodreporter.com. オリジナルの2015年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150909232535/http://www.hollywoodreporter.com/news/zac-efrons-neighbors-2-adds-812805 2015年9月1日閲覧。 
  16. ^ Petski, Denise (2015年3月13日). “HBO Pilot 'The Devil You Know': Ever Carradine & Damien Molony Among Additions”. deadline.com. オリジナルの2017年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171211011134/http://deadline.com/2015/03/ever-carradine-damien-molony-cast-hbo-pilot-the-devil-you-know-1201392183/ 2015年9月1日閲覧。 
  17. ^ Peikert, Mark (2017年11月9日). “From Hello, Dolly! to Lady Bird: Beanie Feldstein's Very Good Year”. Playbill. オリジナルの2020年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200715172332/https://www.playbill.com/article/from-hello-dolly-to-lady-bird-beanie-feldsteins-very-good-year 2020年7月13日閲覧。 
  18. ^ Debruge, Peter (2017年9月4日). “Telluride Film Review: Saoirse Ronan in 'Lady Bird'”. Variety. オリジナルの2018年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180113085749/http://variety.com/2017/film/reviews/lady-bird-review-greta-gerwig-1202546609/ 2020年7月13日閲覧。 
  19. ^ SAG Award Nominations: The Complete List”. The Hollywood Reporter (2017年12月13日). 2017年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  20. ^ Foreman, Alison (2019年3月27日). “'What We Do In The Shadows' is even better as a TV series”. Mashable. オリジナルの2020年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200713070645/https://mashable.com/article/what-we-do-in-the-shadows-fx-series-review/ 2020年7月13日閲覧。 
  21. ^ “全米注目の若手女優ビーニー・フェルドスタインのインタビュー映像解禁”. SCREEN ONLINE. (2020年7月26日). https://screenonline.jp/_ct/17378816 2020年7月26日閲覧。 
  22. ^ “ビーニー・フェルドスタインが「ブックスマート」語る、撮影は「友達の集まりみたい」”. 映画ナタリー. (2020年7月26日). https://natalie.mu/eiga/news/389131 2020年7月26日閲覧。 
  23. ^ “『ブックスマート』オリヴィア・ワイルド監督を魅了した“ダイヤの原石”インタビュー映像”. シネマカフェ. (2020年7月26日). https://www.cinemacafe.net/article/2020/07/26/68194.html 2020年7月26日閲覧。 
  24. ^ “ジョナ・ヒルの妹ビーニー・フェルドスタイン、小説「How to Build a Girl」の映画化に主演”. 映画.com. (2018年5月27日). https://eiga.com/news/20180527/6/ 2018年5月27日閲覧。 
  25. ^ How to Build a Girl review: Caitlin Moran memoir becomes funny and generous film”. The Guardian (2019年9月15日). 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  26. ^ Cordero, Rosy (2020年3月1日). “Beanie Feldstein's 'dreams came true' with Grey's Anatomy role” (英語). Entertainment Weekly. 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  27. ^ Feldstein, Beanie (2020年2月24日). “THE SIMPSONS. The coolest ever, ever, ever. Thank you to everyone at @TheSimpsons. My nephews finally think i'm the cool aunt now!” (英語). Twitter. 2020年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  28. ^ Otterson, Joe (2019年8月6日). “'American Crime Story' Season 3 to Tackle Clinton Impeachment With Beanie Feldstein as Monica Lewinsky”. 2019年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月3日閲覧。
  29. ^ “American Crime Story Full Cast & Crew”. IMDb.com. https://www.imdb.com/title/tt2788432/fullcredits?ref_=tt_ov_wr_sm 2021年10月4日閲覧。 
  30. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年8月30日). “Richard Linklater To Shoot Stephen Sondheim Musical 'Merrily We Roll Along' Over 20 Years For Blumhouse” (英語). Deadline. 2019年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月30日閲覧。
  31. ^ Fleming Jr., Mike (2019年3月13日). “Film Adaptation Of 'The Humans' Play In Works By A24, IAC, Scott Rudin & Eli Bush” (英語). Deadline. 2020年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  32. ^ “トニー賞舞台「The Humans」映画化にエイミー・シューマーが主演”. 映画.com. (2019年3月15日). https://eiga.com/news/20190315/7/ 2019年3月15日閲覧。 
  33. ^ Beanie Feldstein Says Being Queer Is 'Just Part of Who I Am': 'It's Not My Defining Feature'” (英語). PEOPLE.com (2019年5月22日). 2019年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月22日閲覧。
  34. ^ Feldstein has a girlfriend, Bonnie Chance Roberts.” (英語). Revelist.com (2019年5月30日). 2019年6月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月30日閲覧。
  35. ^ Beanie Feldstein Celebrates 'Remarkable' Girlfriend Bonnie Chance Roberts on Her 30th Birthday” (英語). PEOPLE.com (2020年12月24日). 2021年3月9日閲覧。
  36. ^ Beanie Feldstein And Bonnie Chance Roberts Are Engaged” (英語). HuffPost (2022年6月23日). 2022年6月24日閲覧。
  37. ^ Breznican, Anthony (2020年6月26日). “Watch the Celebrity-Filled Fan-Film Version of The Princess Bride”. Vanity Fair. 2020年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月26日閲覧。
  38. ^ Del Rosario, Alexandra (2020年8月4日). “Star-Studded Women In Film Variety Show 'Make It Work!' To Air On The CW”. Deadline Hollywood. 2020年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月5日閲覧。
  39. ^ Otterson, Joe (2020年8月12日). “'Harriet the Spy' Animated Series Starring Beanie Feldstein, Jane Lynch Set at Apple”. Variety. 2020年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月12日閲覧。
  40. ^ “SAG Awards Winners: Complete List”. Variety. (2018年1月21日). オリジナルの2018年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180713014024/https://variety.com/2018/film/news/sag-awards-winners-list-screen-actors-guild-2018-1202668627/ 2020年7月13日閲覧。 
  41. ^ Davis, Clayton (2018年2月7日). “Awards Circuit Announces ACCA 2017 Winners – 'Call Me by Your Name' Tops Without Director Nomination”. オリジナルの2020年7月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200713053654/https://www.awardscircuit.com/awards-circuit-announces-acca-2017-winners-call-name-tops-without-director-nomination/ 2020年7月13日閲覧。 
  42. ^ 22nd Annual Film Awards (2017) - Online Film & Television Association”. 2018年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  43. ^ “2018 Gold Derby Film Awards winners: 'Call Me by Your Name' wins Best Picture, but voters spread the wealth”. Gold Derby. (2018年3月1日). オリジナルの2018年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180302115320/http://www.goldderby.com/article/2018/2018-gold-derby-film-awards-winners-call-me-by-your-name-news-375926840/ 2020年7月13日閲覧。 
  44. ^ 23rd Annual TV Awards (2018-19) - Online Film & Television Association”. 2019年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  45. ^ Kohn, Eric (2019年12月16日). “2019 Critics Poll: The Best Films and Performances According to Over 300 Critics From Around the World”. IndieWire. 2019年12月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  46. ^ KAITLYN DEVER & BEANIE FELDSTEIN TO RECEIVE "CINEMACON® FEMALE STARS OF TOMORROW AWARD"”. National Association of Theatre Owners. 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  47. ^ Los Angeles Online Film Critics Society Hails 'Booksmart' as Best Film of 2019 So Far”. Slashfilm (2019年7月2日). 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  48. ^ GOLDEN SCHMOES WINNERS AND NOMINEES (2019)”. JoBlo.com (2020年2月8日). 2020年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  49. ^ The Queerties 2020 - Film Performance Winners”. Queerty. 2020年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  50. ^ 24th Annual Film Awards (2019) - Online Film & Television Association”. 2020年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  51. ^ Nordyke, Kimberly (2020年1月8日). “'Parasite' Tops Dorian Awards With 5 Wins”. The Hollywood Reporter. 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  52. ^ Gans, Andrew (2019年12月19日). “Cynthia Erivo, Beanie Feldstein, More Will Be Honored at Santa Barbara International Film Festival”. Playbill. 2020年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。
  53. ^ Sharf, Zack (2020年1月3日). “Golden Globes Nominations 2020: 'Joker,' 'Irishman' for Best Picture, 'Succession,' and More”. IndieWire. 2020年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月13日閲覧。

外部リンク[編集]