グローイング・アップ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

グローイング・アップ』(原題:Eskimo Limon, 英題:Lemon popsicle, Growing up)は、1978年に公開されたイスラエル映画である。

概要[編集]

ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」に触発されて作られた、オールディーズをふんだんに使った青春映画のシリーズであり、プロデューサーはハリウッドでもお馴染みのメナヘム・ゴーラン。お色気も取り入れたという点では「ポーキーズ」や「ザ・カンニング IQ=0」等が最も近い。これらは人気が出てシリーズ化される。世界的なイスラエル製のお色気青春モノはこの映画位である。

なお番外編には、アメリカで製作した「グローイング・アップ ラスト・バージン」がある。第1作のリメイク作品であるが、時代設定は1980年代に変更し、主人公ベンジーを含むシリーズお馴染みの三人組役名とヒロイン役名も変更されている。

あらすじ[編集]

1950年代のテルアビブが舞台。主人公のベンジー、軟派でイケメンのボビー、デブのヒューイの3人はナンパに余念がなく、とにかく女の子大好き! 特にベンジーはシリーズを通して女の子と結ばれるが……。そんなベンジーらの恋をオールディーズが盛り上げる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1980年10月9日『木曜洋画劇場』)

スタッフ[編集]

シリーズ[編集]

番外篇

関連項目[編集]

外部リンク[編集]