グロリオサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グロリオサ
Gloriosa rothschildiana 01.jpg
Gloriosa rothschildiana
分類APGIII
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ユリ目 Liliales
: イヌサフラン科 Colchicaceae
: グロリオサ属 Gloriosa
  • 本文参照

グロリオサは熱帯アジア及びアフリカ原産のイヌサフラン科APG植物分類体系。旧分類ではユリ科)グロリオサ属の植物の総称。球茎を持つ落葉性多年生植物乾季のないモンスーン気候に適している。別名、ユリグルマキツネユリ

日本では高知県などで観賞用の球根の商業栽培が行われている。

特徴[編集]

グロリオサは、葉先が巻きひげになり、他の植物に巻きひげをからみつけることで、高さ3メートルにも達することがある。花の色は鮮やかな赤またはオレンジである。花びらは、はっきりと反っている。

毒性[編集]

グロリオサの球根ヤマノイモナガイモの担根体に似ているが、コルヒチングロリオシンというアルカロイド)が含まれているため、食べると危険である[1]

2007年10月21日静岡県に住む男性が観賞用に栽培していたものをヤマイモと間違えて食べたところ、同月23日に死亡した[2]。同様の死亡事故は2006年9月に高知県、2020年2月に鹿児島県でも発生している[3]。また、広い地域で主食とされるヤムイモとも似ており、誤食による死亡事故が発生している[2]

海外での受容[編集]

Gloriosa superba

英語でGlory Lily(栄光のユリ)、あるいはFlame Lily(炎のユリ)と呼ばれることもある。グロリオサの一種、G.rothschildianaは、ジンバブエ国花であり、かつてローデシアの国花でもあった。

[編集]

  • G. flavovirens
  • G. grandiflora -
  • G. lindeni -
  • G. littonioides -
  • G. revoilii -
  • G. rothschildiana - 栽培用に好まれる。ジンバブエの国花。
  • G. superba - 栽培用に好まれる

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ グロリオサによる食中毒の発生について”. 高知市. 2020年2月8日閲覧。
  2. ^ a b 自然毒のリスクプロファイル:高等植物:グロリオサ”. 厚生労働省. 2020年2月8日閲覧。
  3. ^ “有毒植物グロリオサで食中毒か 男性死亡”. MBCニュース (南日本放送). (2020年2月7日). https://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2020020700040425 2020年2月8日閲覧。 
  • en:Gloriosa (plant)(23:36, 18 Sep. 2007)の翻訳をベースとしている。ただし英語の別名、ハーブについての説明は省く。

外部リンク[編集]