グリエフスク (カリーニングラード州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

座標: 北緯54度46分18秒 東経20度35分50秒 / 北緯54.77167度 東経20.59722度 / 54.77167; 20.59722

グリエフスクの紋章
グリエフの胸像

グリエフスク(グーリエフスク、ロシア語: Гу́рьевск, Guryevsk, リトアニア語: Romuva, ポーランド語: Nowy Dwór Pruski)はロシアカリーニングラード州西部にある都市。歴史的には東プロイセンに属し、1946年まではノイハウゼンドイツ語: Neuhausen)の名で知られた。人口は、2002年全ロシア国勢調査によれば10,913人(1989年ソ連国勢調査では7.934人)。州都カリーニングラードケーニヒスベルク)からは北東へ7kmの位置にある。

歴史[編集]

13世紀プルーセン人を征服したドイツ騎士団により1262年にノイハウゼンの町が建てられた。16世紀の記録では、Neuhauß, Neuhausen, Newghaus などの表記が見られる。古プロイセン語の地名であった「Romow」または「Ramawan」は聖なる森の意味で、キリスト教以前の聖地があったとみられる。1525年にはプロシア公領の一部となり、1701年にはプロイセン王国の一部になった。

1945年第二次世界大戦が終わると東プロイセン北部はソビエト連邦に編入された。すでに住民の多くはドイツ本土へ逃げ、残っていたドイツ人もドイツへ追放されソ連各地からの移住者に置き換わった。1946年ケーニヒスベルクの戦いソ連邦英雄となったもののピラウ(現在のバルチースク)で戦死した赤軍軍人スチェパン・グリエフの栄誉をたたえグリエフスクと改名された。

産業と交通[編集]

グリエフスクには石油精製所がある。町からカリーニングラード空港(ハラブロヴォ空港)からは遠くない。またカリーニングラードから北東のソヴィエツク(ティルジット)へ向かう道路と鉄道が通る。

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]