ゴレニュフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴレニュフ
中世の壕


紋章
ゴレニュフの位置(ポーランド内)
ゴレニュフ
ゴレニュフ
座標: 北緯53度33分 東経14度49分 / 北緯53.550度 東経14.817度 / 53.550; 14.817
ポーランドの旗 ポーランド
西ポモージェ県
ゴレニュフ郡
地区 ゴレニュフ地区
設立 13世紀
都市権取得 1268年
行政
 - 町長 アンジェイ・ヴォイチェチョフスキ
面積
 - 計 11.74km2 (4.5mi2)
人口 (2006年)
 - 計 22,448人
等時帯 CET (UTC+1)
 - 夏時間 CEST (UTC+2)
郵便番号 72-100
市外局番 +48 91
ナンバープレート ZGL
ウェブサイト www.goleniow.pl

ゴレニュフポーランド語: Goleniów)は、ポーランド北西部のポメラニアに位置する町。2004年の時点で2万2399人が住む。かつてはシュチェチン県に属したが、1999年の行政区分再編で西ポモージェ県に組み込まれた。ゴレニュフ郡の中心都市でもある。カシューブ語名はGòlnowò、ドイツ語名はゴルノウ(Gollnow)。

地理・交通[編集]

ゴレニュフ平原の「ゴレニュフの森」の北緯53度33分、東経14度49分に位置する。総面積12.5平方キロ。近くを国道3号と6号が通る。最寄の港はヘレノフ港で、市街の東にはシュチェチン=ゴレニュフ“連帯”空港がある。

歴史[編集]

1264年にポメラニア公バルニム1世英語版が村落にマクデブルク法とそれに附随した特権を与えたのが地名の初出で、1314年には地元で主流だったリューベック法英語版を導入した[1]。この時代にはドイツ語名のゴルノウで知られていた。森林を伐採し、イーナ川英語版河口のイーナミュンデ(現:イノウイシツェ英語版)からバルト海へ輸出することで栄えた[1]。木材交易では近くのシュテッティン(現:シュチェチン)と競い合ったが、1615年に両者の間で調和条約が調印された[1]

三十年戦争で町は荒廃し、1648年のヴェストファーレン条約と1653年のシュテッティン条約で1630年のシュテッティン条約からこの地方を占領していたスウェーデンにスウェーデン領ポメラニアとして併合された[1]。1677年にバルト帝国からブランデンブルク=プロイセンに支配が移ってからは職人のレベルが着実に上がっていった[1]。19世紀には工芸も交易も産業化し、銅細工が1軒、縫い針の製造が1軒、家具製造が数軒、醸造所が3軒、蒸留所が1軒、製粉所が5軒あった。19世紀から20世紀にかけて鉄道の要衝となり、1882年にはノイダム(現:デンブノ英語版)やナウガルト(現:ノヴォガルト英語版)、1892年にはカミン(現:カミエン・ポモルスキ英語版)やヴォリン英語版(現:ポーランド領)、1903年にはマッソウ(現:マシェヴォ英語版)とそれぞれ鉄道でつながった[2]。1815年から1945年にかけ、プロイセンの行政区画英語版であるポンメルン州英語版に属した。

第二次世界大戦末期の1945年3月7日に赤軍に占領され、ポーランド領となった。町のドイツ人住民は逃亡か追放され(ドイツ人追放)、ポーランド人が再定住した。

人口の推移[編集]

年度 人口
1628年 1500人から1600人[1]
1745年 1677人[1]
1796年 2200人[1]
1811年 2929人[2]
1828年 3920人[2]
1843年 4911人[2]
1864年 7413人[2]
1895年 8181人[2]
1910年 1万258人[2]
1928年 1万1815人[2]
1938年 1万3500人[2]
1960年 1万300人
1970年 1万4700人
1975年 1万7200人
1980年 1万9100人
1990年 2万2200人
1995年 2万2200人
2004年 2万2399人
2007年 2万2399人
2008年 2万2377人

姉妹都市[編集]

近郊の町[編集]

このほか、近くに観光客に人気のヤルシェフコ英語版という村がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Peter Oliver Loew, Staatsarchiv Stettin: Wegweiser durch die Bestände bis zum Jahr 1945, a translation of Radosław Gaziński, Paweł Gut, Maciej Szukała, Archiwum Państwowe w Szczecinie, Poland. Naczelna Dyrekcja Archiwów Państwowych, Oldenbourg Wissenschaftsverlag, 2004, p.286, ISBN 3486576410
  2. ^ a b c d e f g h i Peter Oliver Loew, Staatsarchiv Stettin: Wegweiser durch die Bestände bis zum Jahr 1945, a translation of Radosław Gaziński, Paweł Gut, Maciej Szukała, Archiwum Państwowe w Szczecinie, Poland. Naczelna Dyrekcja Archiwów Państwowych, Oldenbourg Wissenschaftsverlag, 2004, p.287, ISBN 3486576410

外部リンク[編集]