グランドスラム (車いすテニス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グランドスラム: Grand Slam)とは、車いすテニスの4大大会をすべて制覇することをいう。

4大大会[編集]

大会名 英名 開催地 開催月 サーフェス
全豪オープン Australian Open オーストラリアの旗 オーストラリア 1月 ハードコート
全仏オープン French Open フランスの旗 フランス 5月 クレーコート
ウィンブルドン選手権 The Championships, Wimbledon イギリスの旗 イギリス 6月 芝コート
全米オープン US Open アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 8月 ハードコート

2000年代、テニス4大大会に車いすテニス部門が相次いで加わり、2009年、NEC車いすテニスツアーにグランドスラムのグレードが新設された。対象となるのは以下の4大会である[1]ウィンブルドン選手権はこれまでシングルスがなかったが、2016年より導入され[2]、これによって、4大大会すべてで男子・女子それぞれのシングルス・ダブルス両部門が開催されるようになった。

グランドスラム (車いすテニス)の位置(地球内)
全豪オープン
全豪オープン
全仏オープン
全仏オープン
ウィンブルドン
ウィンブルドン
全米オープン
全米オープン
グランドスラム (車いすテニス) (地球)

年間グランドスラム達成者[編集]

1年でグランドスラムを達成することを「年間グランドスラム」と呼ぶ。以下に選手名と達成年を示す。

男子シングルス[編集]

達成者 備考
2007年[1]
2009年[3]
2010年[3]
2014年[3]
2015年[3]
日本の旗 国枝慎吾

女子シングルス[編集]

達成者 備考
2007年[1]
2009年[3]
2011年[3]
オランダの旗 エステル・フェルヘール

男子ダブルス[編集]

達成者 備考
2014年 フランスの旗 ステファン・ウデ ペアはベルギーの旗 ヨアヒム・ジェラール日本の旗 国枝慎吾

女子ダブルス[編集]

達成者 備考
2009年 オランダの旗 エステル・フェルヘール
オランダの旗 コリー・ホーマン
2011年 オランダの旗 エステル・フェルヘール
オランダの旗 シャロン・ウォルレイブン
2013年 オランダの旗 アニーク・ファン・コート
オランダの旗 イスケ・フリフィウン
2014年 日本の旗 上地結衣
イギリスの旗 ジョーダン・ホワイリー

4大会連続優勝[編集]

4大大会において 4連勝および4連勝以上を挙げたものの、2年間に跨るが故に“年間”グランドスラムとは見なされない連勝記録が存在している。これをノン・カレンダー・イヤー・グランドスラム(Non-calendar Year Glandslam)という。

男子シングルス[編集]

男子ダブルス[編集]

女子ダブルス[編集]

キャリア・グランドスラム[編集]

選手生活の間に、4大大会を全て制覇する事を指す。日本語では「生涯グランドスラム」または「生涯4大大会全制覇」および「通算グランドスラム」などと訳される。

また、省略の便宜上、ウィンブルドン選手権を全英と表記する。

シングルスはウィンブルドン選手権が2016年からの開催となるため、ウィンブルドン選手権を含めた達成者が出るまで記載しない[2]

男子ダブルス[編集]

- 達成者 達成期間 備考
1 日本の旗 国枝慎吾 2006年全英→2008年全仏
2 フランスの旗 ミカエル・ジェレミアス 2003年全豪→2009年全英
3 フランスの旗 ステファン・ウデ 2007年全仏→2010年全豪
4 オランダの旗 マイケル・シェファース 2008年全仏→2011年全英

女子ダブルス[編集]

- 達成者 達成期間 備考
1 オランダの旗 エステル・フェルヘール 2004年全豪→2009年全英
オランダの旗 コリー・ホーマン 2005年全米→2009年全英
3 オランダの旗 シャロン・ウォルレイブン 2010年全仏→2011年全豪
4 オランダの旗 イスケ・フリフィウン 2006年全豪→2012年全英
5 オランダの旗 アニーク・ファン・コート 2010年全豪→2013年全米
6 日本の旗 上地結衣 2014年全豪→2014年全米
イギリスの旗 ジョーダン・ホワイリー 2014年全豪→2014年全米


ゴールデン・スラム[編集]

4大大会及びパラリンピックを制することをゴールデン・スラム(Golden Slam)という。ゴールデン・スラムは4年に一度しか達成可能な機会が無いために、最難関の偉業とされている。 年間ゴールデン・スラム達成者は2016年1月現在存在しない。

シングルスはウィンブルドン選手権が2016年からの開催となるため、ウィンブルドン選手権を含めた達成者が出るまで記載しない[2]

男子ダブルス[編集]

- 達成者 キャリア・グランドスラム達成期間 パラ五輪初金メダル 備考
1 日本の旗 国枝慎吾 2006年全英→2008年全仏 アテネパラリンピック(2004)
2 フランスの旗 ミカエル・ジェレミアス 2003年全豪→2009年全英 北京パラリンピック(2008)
3 フランスの旗 ステファン・ウデ 2007年全仏→2010年全豪 北京パラリンピック(2008)

女子ダブルス[編集]

- 達成者 キャリア・グランドスラム達成期間 パラリンピック初金メダル 備考
1 オランダの旗 エステル・フェルヘール 2004年全豪→2009年全英 シドニーパラリンピック(2000)
2 オランダの旗 コリー・ホーマン 2005年全米→2009年全英 北京パラリンピック(2008)
3 オランダの旗 シャロン・ウォルレイブン 2010年全仏→2011年全豪 北京パラリンピック(2008)

日本人選手上位成績[編集]

達成者 記録
国枝慎吾 シングルス年間グランドスラム(2007, 2009, 2010, 2014, 2015)[1][3]
シングルス7連勝
ダブルスでキャリア・ゴールデン・スラム達成
上地結衣 ダブルスで年間グランドスラム達成(2014)

関連項目[編集]

グランドスラム (テニス)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 2008年まで、車いすテニスにおける最もグレードの高い大会はスーパーシリーズとされ、全豪オープン(1月、オーストラリアメルボルン)、ジャパンオープン(5月、福岡県飯塚市)、全英オープン(7月、イギリスノッティンガム)、全米オープン(10月、アメリカサンディエゴ)を指していた。2007年の国枝とフェルヘールのグランドスラム達成もこのスーパーシリーズの4大会制覇を意味する。なお、国枝、フェルヘール共に、2007年のローラン・ギャロスも制している。
  2. ^ a b c Wimbledon announces Wheelchair Tennis Singles events from 2016”. オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ (2015年7月12日). 2016年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g 2015年までウィンブルドン選手権にシングルスはなかったため全豪、全仏、全米の3大会の年間制覇である