クロード・ニコラ・ルドゥー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルドゥーの肖像画 1782年
ショーの理想都市
ラ・ヴィレットのドーム付き円形建物(サン=マルタン関税徴収所。バタイユ=ド=スターリングラード広場。フェルミエー・ジェネローの城壁の遺構)

クロード・ニコラ・ルドゥー(Claude Nicolas Ledoux, 1736年3月21日 - 1806年11月18日)はフランス革命期の建築家。ニュートン記念堂計画案で知られるエティエンヌ・ルイ・ブーレーとともに「幻視の建築家」とも呼ばれる。

革命前は王室建築家で、1789年の革命後は投獄され実作の機会を失ったが、1804年の著作 "L'Architecture considérée sous le rapport de l'art, des mœurs et de la législation" で、かつて設計した製塩工場を中心にした理想都市像を描いた。

実現しなかった建築の計画、スケッチを多く残しており、例えばピラミッド型や円形の建物など幾何学的なデザインを用いた奔放な構想が特徴的である。ルドゥーやブーレーの幾何学的形態の設計案は「革命建築」と呼ばれる。当時、「革命建築」を実際に建設した例は少なかったが、建築を幾何学的形態において捉えようとする傾向は、イギリスのジョン・ソーンやドイツのシンケルなど新古典主義の建築家にも見られる。

エミール・カウフマンの『三人の革命的建築家 ブレ、ルドゥー、ルクー』(Three revolutionary architects 1952年、邦訳は中央公論美術出版)によって20世紀の近代建築の先駆的な存在として評価されるようになった。

作品[編集]

  • ショーの製塩工場(1773-1779年)
ルイ16世により建設。世界遺産アル=ケ=スナンの王立製塩所磯崎新つくばセンタービルに製塩工場の柱の形を引用している。
  • ラ・ヴィレットの関門(1784-1789年)
通行税を徴収するためのパリの市門の一つ。装飾を簡略化し、円筒など幾何学的な要素の組合せで構成される。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]